最新F1ニュース

  • Top
  • F1News トピック一覧

ホンダ、先週に続き厳しい戦いになる

ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介氏は、厳しいレースが予想されるイタリアGPにむけて、次のように語った。

『タフな戦いとなったベルギーGPを終え、次はイタリアに向かいます。今年のヨーロッパシリーズ最後の戦いの場となるモンツァは、長いF1の歴史の中でも、一度しかカレンダーから外れたことがなく、最もF1の開催回数が多い、クラシカルなトラックです。コースレイアウトはシンプルで、2つのシケインを除けばほとんどがストレートになっています。地形もフラットなために、カレンダーの中で平均速度が最も速い超高速サーキットとして知られています。

先週末ベルギーGPが行われたスパ・フランコルシャンも高速サーキットとして名高いですが、モンツァはそれ以上にハイスピードな戦いになるため、先週に続き厳しい戦いになることを予想しています。そのような中でもポイント獲得を目指し、ベストな準備を進めたいと思います。

なお、今回のイタリアGPは、ホンダが勝利した1967年のイタリアGPから節目の50周年にあたります。そのレースでデビューしたRA300は、今年の3月に逝去された故ジョン・サーティース氏のドライブにより、ホンダF1にとって2勝目となる貴重な勝利を挙げました。それを記念して、9月3日の決勝前にRA300のデモンストレーションを行う予定です。クラシカルなF1サウンドをぜひお楽しみいただければと思っています。』

[2017.08.31]    [記事URL]
[関連記事]  ・マクラーレン関連トピック
 ・ホンダ関連トピック


バンドーン、モンツァでもストレートは厳しいだろう

マクラーレンのS・バンドーンは、走り慣れたモンツァでのイタリアGPにむけて、次のように意気込みを語った。

『モンツァは本当にクールな場所だよ。これまでにフォーミュラ・ルノー3.5とGP2で経験して、両カテゴリで優勝している。よく知っている場所だし、いつも本当に楽しく走れるんだ。ファンのみんなが最高だし、とても情熱的な声援をおくってくれるから、その熱狂に飲み込まれる感じだ。

スパが厳しいレースになるのは明らかだったし、ベルギーとイタリアは異なるレースだと思って気持ちを切り替えている。(スパの)ストレートでペースを維持するのは厳しかったし、モンツァでも同じ事象に直面するだろう。好結果を手にするチャンスをつかむためにも、週末をとおしてハードにプッシュし続けるよ。』



アロンソ、モンツァの特性はパッケージと相性がよくない

マクラーレンのF・アロンソは、今週末のイタリアGPについて、厳しいレースになるとの予想を示した。

『スパと同じく、モンツァも伝統あるサーキットだし、誰もがこうしたコースでレースが行われるのを嬉しく思っているだろう。今シーズンのマシンは幅広でスピードアップしているから、ファステスト・ラップの更新がみられるんじゃないかな。ストレートでは信じられないほどのハイスピードになるから、モンツァがこれまでとは違うコースのように見えるかもしれないネ。

最高速という点では、カレンダーで一番のコースだ。ドライバーにとっては、美しい風景の中にあるストレートを駆け抜けタイトなシケインに飛び込み、度胸が試される高速コーナーがあり、素晴らしい気分で走ることができる。これまでも言ってきたとおり、サーキット特性はボク達のパッケージと相性がよくないから、厳しい戦いを強いられることになるだろう。ただ、スパと同じようなパワーサーキットだけど異なる点も多くある。全長の長いスパと比べるとモンツァは短いから、とても速いレース展開に感じるよ。

モンツァでなによりも素晴らしいのは、ファンのみんなだ。たとえティフォシ・レッドをまとっていなくても、ファンはパワーを与えてくれる。レースやモータースポーツに対してものすごく情熱的なんだ。イタリアGPは、多くのみんながお気に入りに挙げている。レースファンを魅了するサーキットだし、その評判にふさわしいグランプリだと思うよ。』



ラウダ、ボッタスはナンバー2に徹すべき

メルセデスの非常勤役員を務めるN・ラウダは、V・ボッタスは今シーズンの残りのレースで“ナンバー2に徹すべき”との持論を展開した。

『このポイント差を持って今の段階でストップすべきだ。私は、0.5ポイント差でチャンピオンになったことがあるだけに、1つ1つのポイントが如何に重要であるかが分かっている。私は、“チームオーダー”を行う必要性があることは分かっている。ボッタスはスパの週末で強さを発揮できずルイスにチャンピオンのチャンスがあることが明確になった。もし、ブダベストで彼がルイスに3ポイントを明け渡していたら、ルイスはベッテルの僅か3ポイント差につけられていた。』

ボッタスはチャンピオン争いで179ポイントを獲得し、ランキング3位につけている。しかし、トップのベッテルとは40ポイント近い差があり、残りの8レースでの逆転には相当な奮起が必要となる。



フォース・インディア、来シーズンはラインナップ一新の可能性

フォース・インディアのCEOを努めるO・スザフナウアーは、ベルギーGPでチーム名が同士討ちを演じたことを受けて、来シーズンのドライバー体制を再考してラインナップを一新する可能性を示唆した。

『我々としては(チームオーダーが必要か)“待つ”必要があるだろうし、そうならないことを望んでいる。我々は“良きドライバー”を必要としているし、残りのレースでお互いに道を譲ることができるのか確かめる必要がある。』

フォース・インディアは来シーズンもS・ペレスとの残留が濃厚とみられているが、未だに契約は結ばれておらず体制は確定させていない。ペレスとオコンはアゼルバイジャンGPで同士討ちを演じ、ベルギーGPでも2度にわたってアクシデントを起こしたため、チームは二人の態度に大きな不満を持っている。



最新記事一覧
クルマ関連雑誌を数多く発売する三栄書房は、レース雑誌『F1速報』最新号の発売を開始した。 最新のブラジルGP号では…


元ワールドチャンピオンのM・シューマッハがドライブした「F2001」が、アメリカのニューヨークでオークションに出品…


来シーズンにトロ・ロッソからのF1フル参戦が決まったB・ハートレーは、予想もしなかったF1のチャンスを手にして次…


2018年のトロ・ロッソの正ドライバー就任が決まったP・ガスリーは、フル・シーズンの参戦が今からまちきれないこと…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2017年 11月(104件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
2017年 7月(206件)
2017年 6月(169件)
2017年 5月(168件)
2017年 4月(173件)
2017年 3月(175件)
2017年 2月(149件)
2017年 1月(158件)
2016年 12月(154件)
  ハミルトン
ベッテル
マッサ
リカルド
ペレス
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
グロージャン
ボッタス
ライコネン
ストロール
フェルスタッペン
オコン
ヒュルケンブルグ
サインツJr
ウェーレイン
バンドーン
マグヌッセン
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  • Top
  • F1News トピック一覧
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】  
    『F1語辞典』(著:小倉 茂徳)   『F1速報』(2017年日本GP号)