最新F1ニュース

  • Top
  • F1News トピック一覧

ホンダ、「Scuderia Toro Rosso × Honda 応援キャンペーン」実施

ホンダは、日本GP観戦チケットなどが当たる「Scuderia Toro Rosso × Honda 応援キャンペーン」を開始した。

「Scuderia Toro Rosso × Honda 応援キャンペーン」では、Honda Carsまたはホンダオートテラスで応募カードを配布。抽選で1200名に「2018 日本グランプリ観戦チケット」(100組/200名)や「トロ・ロッソ チーム公認グッズ」が当たる。

今シーズン、ホンダはトロ・ロッソと組んで新たなチャレンジを開始している。ホンダ車の購入を考えているファンは、ぜひこのキャンペーンに応募したいところだ。

■Scuderia Toro Rosso × Honda 応援キャンペーン
http://www.honda.co.jp/F1campaign/



F1、日本GPでも「F1Experiences」を実施

F1は、今年の日本GPで特別なパッケージプラン「F1Experiences」を販売することを決めた。

「F1Experiences」は、ピットレーン・ウォークやパドッククラブ・パーティ、ドライバーが登場するトークショーなど、普通の観戦チケットでは体験できないスペシャルな特典がついたプラン。「F1Experiences」は一部のグランプリでしか実施しておらず、日本のファンにとっては鈴鹿サーキットで特別な体験ができる貴重な機会となる。

「F1Experiences」は通常のチケット購入手順とは異なり、F1/FOMの専用サイトから申し込む必要がある。今年の日本GPで特別な体験を考えているファンは、ぜひ購入を検討したいところだ。

■「F1Experiences」
https://f1experiences.com/2018-japanese-grand-prix

[2018.03.27]    [記事URL]
[関連記事]  ・日本GP関連トピック


トロ・ロッソ、「ハートレーのマシンニックネーム」考案者を日本GPへ招待

トロ・ロッソのF・トスト代表は、東京六本木で開催された「Red Bull Toro Rosso Honda DAY in Tokyo」に参加し、「ハートレーのマシンニックネーム」を考えたファンを日本GPに招待することを明らかにした。

トスト代表とP・ガスリー&B・ハートレーは、イベントでファンから「マシンにニックネームはつけているのか?」と質問された。ガスリーは『ガスモビルだよ』とニックネームを明かしたが、ハートレーは『ボクはニックネームはつけてないかな。ファンのみんなに考えてもらいたいから、ツイートしてよ』とした。これに応えるかたちで、トスト代表は『名前をつけてくれたファンを鈴鹿に招待するよ』とサプライズでプレゼントを決めた。

ニックネームは、Twitterにハッシュタグ「#namethecar」をつけて名称を募集している。トロ・ロッソのファンは、この機会に名称を考えて応募したいところだ。



鈴鹿サーキット、日本GP開催契約更新に向けて話し合いを継続

鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの山下晋社長は記者会見の席で、FOM/リバティメディアと開催契約更新にむけて話し合いを進めていることを明らかにした。

『日本GPの開催契約は今年まで締結していて、それ以降の契約はまだ締結していません。昨年末から折に触れて、私の人生で初めてというほど複数回ヨーロッパへ行き、F1(リバティメディアの)のメンバーであるC・ケアリー会長さんらと議論を重ねています。まだ現時点では締結には至っていません。ただ我々としては、世界中でこれほど長くF1を継続開催をしているレーシングコースはそんなにないので、今後も可能であればF1を継続開催をしてゆきたいと思っています。』

山下社長は今後のF1開催には前向きな姿勢を見せつつも、まだ最終契約に至っていない理由として“開催権料”を挙げている。F1開催には高額な開催権料が求められるため、鈴鹿サーキット側としても“若手を呼び込みファンが増加する環境”を作り上げることが契約更新の重要なポイントと考えているようだ。

[2018.03.10]    [記事URL]
[関連記事]  ・日本GP関連トピック


日本GP、30回記念大会チケット&若者むけに特別料金

鈴鹿サーキットは、今年の日本GPでは30回記念大会を記念して“思い出に残る特別なチケット”とすることを案内した。

これまで日本GPのチケットは紙製でシンプルなものだったが、今年は全席プラスチック製の「アニバーサリーチケット」を導入。また特別なデザインで、将来に向けて長く思い出として保存できるようにする。

また、今年はリーズナブルなチケット価格を設定。子ども(3歳~中学生)は全席3000円とし、家族揃っての観戦がしやすい価格体系となる。期間中に家族で遊園を楽しめる「モートピアパスポート」も付属する。高校・大学生には、V1席料金を「1万円」に設定し、学生でもレース観戦がしやすいように配慮する。

[2018.03.10]    [記事URL]
[関連記事]  ・日本GP関連トピック


最新記事一覧
トロ・ロッソのP・ガスリーは、今週金曜日に開幕するアゼルバイジャンGPについて、市街地コース攻略に自信をみせた…


トロ・ロッソのB・ハートレーは、初挑戦となるアゼルバイジャンGPについて、楽しみにしていることを明らかにした。 …


マクラーレンのF・アロンソは、今週末のアゼルバイジャンGPでは大きなアップデートを期待できないとの観測を示した…


元ワールドチャンピオンのN・ロズベルグが、若手育成プログラム「ロズベルグ・ヤングドライバー・アカデミー」を設…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2018年 4月(160件)
2018年 3月(177件)
2018年 2月(145件)
2018年 1月(158件)
2017年 12月(155件)
2017年 11月(176件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
2017年 7月(206件)
2017年 6月(169件)
2017年 5月(168件)
  ハミルトン
ベッテル
マッサ
リカルド
ペレス
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
グロージャン
ボッタス
ライコネン
ストロール
フェルスタッペン
オコン
ヒュルケンブルグ
サインツJr
ウェーレイン
バンドーン
マグヌッセン
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  • Top
  • F1News トピック一覧
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】