最新F1ニュース

  • Top
  • F1News トピック一覧

マクラーレン、今年は暫定カラー「オレンジ」で公開!?

現在、マクラーレンはニューマシンの開発を急いでいるが、新車発表時は「オレンジ」で公開される可能性がある。

マクラーレンは昨年末にCEOであったR・デニスを解任し、今年はチーム体制を一新して挑む。そのため、これまでの“デニス色”を払拭するため、本来のチームカラーである「オレンジ」のマシンを暫定カラーで登場させる可能性が取り沙汰されている。マクラーレンは、大きなスポンサー変更やチーム体制変更が生じたときに、「オレンジ」のマシンを暫定公開してイメージの切り替えを図っている。

なお、マクラーレンのニューマシン名称は、例年通りであれば「MP4-32」となる。しかし、チームの広報担当者は『まだ我々の新車の名前/型番は決定されていない』として、シリーズ型番を変更する可能性を示唆している。

[2017.01.19]    [記事URL]
[関連記事]  ・マクラーレン関連トピック
 ・ホンダ関連トピック


コバライネン、ウィリアムズに打診をしていた

元F1ドライバーのH・コバライネンは、ウィリアムズへ“V・ボッタスの後任”として売り込みの打診をしていたことを明らかにした。

『うん、ボクはクレアにEメールを送っていたんだ。だけど、彼らは他の計画をもっていたようだ。まあ、他の多くのドライバーも(ウィリアムズに)同じようなメッセージを送ったんだろうけれどネ。ボクはバルテリが移籍するとは予想していなかった。だけど、彼は素晴らしいドライバーだよ。』

コバライネンはマクラーレンやケータハムでF1を戦い、グランプリで優勝経験も持っている。まだ35歳で速さもあるためF1復帰が期待されるが、ウィリアムズから復帰の目標は叶わなかった。



ビアンキ、ニースの市街地の名前に

フランスのニースは、同市のメインストリートを新たに「ビアンキ」と命名することを決めた。

「ビアンキ・ストリート」は、昨年夏に他界した元F1ドライバーのJ・ビアンキにちなんで名付けられた。ビアンキは1989年にニースで生まれ、幼少期をこの街で過ごして成長した。ビアンキはフランスを拠点にモータースポーツ活動を続け、フェラーリの若手育成プログラム「FDA」に選ばれた。フォース・インディアでテスト・ドライバーを務めた後、2013年にマルシャから待望のF1デビューを飾った。

ビアンキは2014年モナコGPでチームに貴重なポイントをもたらすなど、下位チームながら実力を発揮した。しかし、豪雨となった日本GP・決勝でコースアウトし、マシン撤去中のロードローラーと接触。頭部を負傷して昏睡状態となった。ビアンキは一命をとりとめ、母国フランスへ戻ったものの意識が回復することなく、2015年7月17日に他界した。

ビアンキがつけていたカーナンバー「17」は、ビアンキの功績をたたえて永久欠番となっている。



ロズベルグ、メルセデスのアンバサダーに就任

昨シーズンまでメルセデスAMGをドライブしていたN・ロズベルグが、新たに「アンバサダー」としてチームと関わることが決まった。

ロズベルグは昨シーズンにワールドチャンピオンに輝いたが、家族との時間を優先してシーズン終了後に電撃引退を発表した。ロズベルグは2017年の活動について明らかにしていなかったが、「アンバサダー」としてチームとの関係を継続し、プロモーション活動に協力してゆく。

ロズベルグの「アンバサダー」としての活動スケジュールは明らかにされていないが、F1シーズン開幕に合わせてPRイベントへの参加などが予想される。



ルノー、今年はERSを刷新

ルノー・スポールは、今シーズンのパワーユニット供給ではERSの一新を予定している。

ERSは「エネルギー・リカバリー・システム」のことで、パワーユニットの重要な構成パーツとなる。ルノーは関連会社のインフィニティと技術提携し、第2世代のERSを開発している。

ルノーの最新パワーユニットは、コンストラクターである「ルノー」とレッドブルにまずは供給される見込みだ。レッドブルはチームの戦闘力が徐々に向上しており、今年は再びタイトル争いに加わることを目指す。



最新記事一覧
元F1ドライバーのH・コバライネンは、ウィリアムズへ“V・ボッタスの後任”として売り込みの打診をしていたことを明…


フランスのニースは、同市のメインストリートを新たに「ビアンキ」と命名することを決めた。 「ビアンキ・ストリート…


昨シーズンまでメルセデスAMGをドライブしていたN・ロズベルグが、新たに「アンバサダー」としてチームと関わること…


ルノー・スポールは、今シーズンのパワーユニット供給ではERSの一新を予定している。 ERSは「エネルギー・リカバリー…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2017年 1月(95件)
2016年 12月(154件)
2016年 11月(159件)
2016年 10月(198件)
2016年 9月(158件)
2016年 8月(167件)
2016年 7月(172件)
2016年 6月(155件)
2016年 5月(171件)
2016年 4月(159件)
2016年 3月(165件)
2016年 2月(154件)
  ハミルトン
ベッテル
ボッタス
リカルド
ペレス
マグヌッセン
サインツJr
ナッセ
バトン
ウェーレイン
グロージャン
ロズベルグ
ライコネン
マッサ
フェルスタッペン
ヒュルケンブルグ
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
ハリアント
グティエレス
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
マノー
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
小林可夢偉
イベント
フジテレビ
ホンダ
  • Top
  • F1News トピック一覧
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】  
    『F1速報 -総集編-』2017年1/19号   ホンダF1の伝統と、その戦いぶりを総括する『HONDA F1 BOOK』