最新F1ニュース

  • Top
  • F1News トピック一覧

ホンダ、スパは厳しいレースを予想

ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介氏は、今週末のベルギーGPにむけて意気込みを語った。

『F1の夏休みも終わり、いよいよ今週末のベルギーGPより後半戦が始まります。スパ・フランコルシャン・サーキットは、アルデンヌの森の自然の形状を生かした、とても美しいサーキットですが、標高差が約100mもある7kmのコースのうち、約70%をフルスロットルで走行するという、F1カレンダーの中で最も過酷でチャレンジングなパワーサーキットの一つです。長い上り坂が複数存在し、エンジンやERSへの負担が高いだけではなく、下りの複合コーナーなどを持つテクニカルな高速サーキットであるために、マシン全体のバランスとドライバーのスキルや度胸など、チームの総合的な強さが試される場でもあります。マクラーレン・ホンダにとって、スパは厳しいレースになることが予想されますが、今年戦った複数のパワーサーキットにおける経験上、フリー走行でマシンを仕上げることができれば、いいレースペースにつなげることができるので、ポイントを獲得できるよう、チームとしてさらなる前進を狙っていきたいと思います。』

ホンダはエンジン開発権「トークン」を残しており、夏休み明けのレースで行使するかどうかに注目が集まっている。ホンダにとって母国レースの日本GPが近づいてきただけに、夏休み明けのベルギーGP・イタリアGPと続く連戦は好結果で発進したいところだ。

[2016.08.25]    [記事URL]
[関連記事]  ・マクラーレン関連トピック
 ・ホンダ関連トピック


ベルギーGP、DRSゾーンは2カ所に設定

FIAは、今週末のベルギーGPでDRSゾーンを2カ所に設定することを決めた。

ベルギーGPの舞台となるスパ・フランコルシャンは山間部にあり、アップダウンの激しいサーキット。ストレートは比較的多く設けられているが、昨年と同様に「ホームストレート」「ケメルストレート」の2カ所にDRSゾーンが設定される。

ホームストレートの直後には、ハードブレーキングが必要な鋭角コーナーのラ・ソースが待ち構えている。ここでは2台のマシンによるブレーキング競争が見られそうだ。一方、ケメルストレートは急坂のオー・ルージュを抜けた後にあり、スピードがのった状態でハイスピードなオーバーテイク合戦となりそうだ。

[2016.08.25]    [記事URL]
[関連記事]  ・FIA関連トピック
 ・DRS関連トピック
 ・サーキット関連トピック


小倉茂徳氏、DAZNのF1解説を担当

昨日、スポーツのインターネット中継を行う「DAZN(ダ・ゾーン)」はF1中継の配信を行うことを明らかにしたが、解説に小倉茂徳氏を起用することを決めた。

小倉茂徳氏はホンダでF1の広報担当を努めた。フジテレビでもF1解説を担当し、丁寧で分かりやすい説明で視聴者に人気だった。最近ではNHKのF1番組の監修も担当している。

小倉氏は今回の解説就任にあたって、次のようにコメントしている。

『モータースポーツをより広く知って、理解していただくこと。そして、F1でもWECでも国内レースでもサーキットにより多くの人まり、レースにより多くの注目が集まること。これが、最近の僕のテーマ。今回のダ・ゾーンのF1とGP2や、NHK BS1の「ワールドスポーツMLB」でのF1コーナーも、イオンモールでの体験創生プロジェクトや自由研究教室も、こうした思いから受けさせていただいた。注目と露出がより多くなれば、ファン向けの楽しい情報やサービスがより多く提供されるようになるはずだし、エントラントやサーキットにはスポンサーや広告主獲得のチャンスも増えるはず。』

[2016.08.25]    [記事URL]
[関連記事]  ・全般トピック関連トピック


ザウバー、プヒョラーを獲得

ザウバーは、X・プヒョラーがトラックサイド・エンジニアとしてチームに加入したことを明らかにした。

プヒョラーはトロ・ロッソでM・フェルスタッペンの専属エンジニアを努めていたが、フェルスタッペンがレッドブルに移籍したタイミングでチームを離脱していた。ザウバーは今年からT・マリオンをトラックサイド・エンジニアに起用していたが、春の段階でチームを去っていた。

なお、プヒョラーはファクトリーでの仕事を開始しているが、レース現場に姿を出すのはシンガポールGPが予定されている。

[2016.08.24]    [記事URL]
[関連記事]  ・ザウバー関連トピック


ハミルトン、モンツァでエンジン交換&ペナルティへ

メルセデスAMGは、次々戦のイタリアGPでL・ハミルトンのパワーユニット交換を行うことを内定した。

今シーズン、ハミルトンはパワーユニット系のトラブルに見舞われることは少なかったが、それでもレース中のアクシデントやマイレージの消化でパワーユニットを消費していた。チームは、シーズン中盤から後半戦の段階で「ペナルティ覚悟で交換」を検討してきた。モンツァはパワー重視のサーキットで比較的オーバーテイクもしやすいため、パワーユニット交換によるグリッド降格のダメージを最小限に抑えられる。

モンツァの後はシンガポールや鈴鹿、セパンなどエンジンに厳しくグリッド降格の影響が大きいサーキットが続く。モンツァであえて交換することで、シーズン後半戦の戦いを有利にすすめることを目指す。



最新記事一覧
FIAは、今週末のベルギーGPでDRSゾーンを2カ所に設定することを決めた。 ベルギーGPの舞台となるスパ・フランコルシ…


昨日、スポーツのインターネット中継を行う「DAZN(ダ・ゾーン)」はF1中継の配信を行うことを明らかにしたが、解説…


ザウバーは、X・プヒョラーがトラックサイド・エンジニアとしてチームに加入したことを明らかにした。 プヒョラーは…


メルセデスAMGは、次々戦のイタリアGPでL・ハミルトンのパワーユニット交換を行うことを内定した。 今シーズン、ハ…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2016年 8月(126件)
2016年 7月(172件)
2016年 6月(155件)
2016年 5月(171件)
2016年 4月(159件)
2016年 3月(165件)
2016年 2月(154件)
2016年 1月(155件)
2015年 12月(155件)
2015年 11月(154件)
2015年 10月(169件)
2015年 9月(181件)
  ハミルトン
ベッテル
ボッタス
リカルド
ペレス
マグヌッセン
サインツJr
ナッセ
バトン
ウェーレイン
グロージャン
ロズベルグ
ライコネン
マッサ
フェルスタッペン
ヒュルケンブルグ
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
ハリアント
グティエレス
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
マノー
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
小林可夢偉
イベント
フジテレビ
ホンダ
  • Top
  • F1News トピック一覧
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】  
    『F1速報』2016年7/28号(イギリスGP号)   『リアルな裏F1』(著:井上隆智穂)