最新F1ニュース

  • Top
  • F1News トピック一覧

ホーナー代表、トロ・ロッソを犠牲にするつもりはない

レッドブルのC・ホーナー代表は、来シーズンからのホンダ・エンジン搭載に向けて、今年のレースでトロ・ロッソが犠牲になってまでエンジン開発を進めさせる意図はないことを強調した。

『我々としては、(今シーズンの)トロ・ロッソを犠牲にしてまで、ホンダのエンジン開発を推し進めようとは考えていない。もちろん、レッドブル・グループ全体の利益のためにも、(来年に向けて今年に積極開発することで)、学ぶチャンスもあることだろう。そうすることで、最終的には我々だけではなくトロ・ロッソにも利益をもたらすことになる。これはあきらかにオープンなことだし、トロ・ロッソはコンストラクターズ争いで独立して戦っている。それは重要な価値があることなんだ。』

レッドブルのアドバイザーを務めるH・マルコは、トロ・ロッソのペナルティ覚悟でエンジンを開発させる旨の“踏みこんだ発言”をして物議を呼んだ。ホーナー代表はその可能性を否定し、あくまでもレッドブル・グループ全体を向上させてゆく意図だったとした。



ホンダ、スパ24時間レースにパトレーゼを起用

ホンダは、7月26~29日に開催される「スパ24時間レース」に、元F1ドライバーのR・パトレーゼを起用することを決めた。

パトレーゼは1977年シーズンにシャドウからF1デビューを飾り、アロウズやブラバム、ウィリアムズやベネトンなど複数のチームで活躍。1993年に引退するまで257戦に出場して当時の最多出場記録を残した。

パトレーゼは現役引退後はル・マン24時間耐久レースなどに参戦したことがあるが、1997年を最後に本格的なレース活動からは遠ざかっている。パトレーゼは今年で64歳を迎え約20年ぶりの本格レースとなるが、スパ24時間レースで駆るホンダ「NSX GT3」をさっそくテスト走行し、モチベーションを新たにしている。

なお、パトレーゼは1987年にウィリアムズ・ホンダを駆ったことがあり、2008年にもデモ走行イベントでホンダのRA107を走行させたことがあり、久しぶりの関係復活となる。

パトレーゼ
『スパ・フランコルシャンは、ボクにとって長く好きなサーキットの1つだ。最後にレースで走ったのは25年前だから、今回、カストロール・ホンダ・レーシングで、NSX GT3のようなエキサイティングなマシンを走らせないかと声をかけてもらったときには“ノー”という選択肢はなかったよ。マシンのハンドリングは非常に素晴らしくて、高速でも低速でも非常に良い走りができる。まだそれほど走り込んでいないけれど、周回ごとに学習を重ねているよ。チームに加わってマシンを走らせ、レースの雰囲気を味わえることにエキサイティングしているんだ。』

[2018.07.19]    [記事URL]
[関連記事]  ・全般トピック関連トピック
 ・ホンダ関連トピック


リカルド、ドイツGPでペナルティを受ける公算

レッドブルは、今週末のドイツGPでD・リカルドのエンジンパーツを交換し、グリッド降格ペナルティを受けることを想定している。

リカルドはカナダGPの時点でルノーの最新スペックを搭載し、MGU-Hをはじめとした様々な新パーツに載せ替えた。このときの載せ替えで、MGU-HやICEなどは“ペナルティを受けずに交換できる最後のパーツ”になっており、シーズンの何処かで追加交換/ペナルティが予想されていた。

レッドブルはドイツGPでターボとMGU-Hの交換を計画している。しかし、これらのパーツ交換により、決勝グリッドは20ちかく降格する見込みだ。



神野エンジニア登壇イベント、8月に開催

フォース・インディアでエンジニアを務める神野研一氏が登壇するトークイベント「Live Talk! port F Vol.1」が、8月4・5日に東京上野で開催されることが決まった。

「Live Talk! port F Vol.1」には、ビークル・サイエンス・エンジニアとしてフォース・インディアのファクトリーで働く神野氏が登壇。神野氏は日産自動車勤務からフォース・インディアのエンジニアとして転職し、世界最高峰の舞台で日本人エンジニアとして活躍している。神野氏のトークイベントでは、モータースポーツ最前線にいるからこそ分かる最新情勢やドライバー/エンジニアの素顔など、F1ファンにとって興味深いテーマが披露される。

イベントには、モータースポーツ番組「えふスク」でおなじみの笠原美香さんも登場。様々なトークで盛り上がりそうだ。

■「Live Talk! port F Vol.1」
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01pt64zmepdb.html



ジョビナツィ、ドイツGP・金曜フリー走行に登場

ザウバーは、ドイツGP・金曜フリー走行1にA・ジョビナツィを起用することを決めた。

ジョビナツィはフェラーリのテスト・ドライバーを努めているが、過去にはザウバーからP・ウェーレインの第約としてレースに出場したり、テストを担当した実績がある。昨シーズンはハースでフリー走行を7回担当した実績もあり、今シーズン初の起用となる。

ジョビナツィが金曜フリー走行1に出走することにより、代わりにM・エリクソンがピットで待機する。

[2018.07.18]    [記事URL]
[関連記事]  ・ザウバー関連トピック
 ・フェラーリ関連トピック


最新記事一覧
ホンダは、7月26~29日に開催される「スパ24時間レース」に、元F1ドライバーのR・パトレーゼを起用することを決めた…


レッドブルは、今週末のドイツGPでD・リカルドのエンジンパーツを交換し、グリッド降格ペナルティを受けることを想…


フォース・インディアでエンジニアを務める神野研一氏が登壇するトークイベント「Live Talk! port F Vol.1」が、8月4…


ザウバーは、ドイツGP・金曜フリー走行1にA・ジョビナツィを起用することを決めた。 ジョビナツィはフェラーリのテ…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2018年 7月(122件)
2018年 6月(180件)
2018年 5月(182件)
2018年 4月(203件)
2018年 3月(177件)
2018年 2月(145件)
2018年 1月(158件)
2017年 12月(155件)
2017年 11月(176件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
  ハミルトン
ベッテル
マッサ
リカルド
ペレス
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
グロージャン
ボッタス
ライコネン
ストロール
フェルスタッペン
オコン
ヒュルケンブルグ
サインツJr
ウェーレイン
バンドーン
マグヌッセン
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  • Top
  • F1News トピック一覧
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】