最新F1ニュース

  • Top
  • F1News トピック一覧

フェルスタッペン、今年は表彰台に上がりたい

レッドブルのM・フェルスタッペンは、今週末のアゼルバイジャンGPにむけて、表彰台を目指すことを明らかにした。

『昨年はボクにとって非常に残念な週末だった。去年はマシンが非常に良い感じだったし、表彰台の可能性を逃してしまうことになる多くの問題に遭遇して、たぶん優勝も出来たかも知れなかったし、残念だった。今年は、失われたチャンスを挽回できると期待しているんだ。バクーはクールな場所だし、そこでコースをドライブできるのは楽しい。レッドブルのマシンには理想的ではないけれど、素晴らしいサーキットだよ。』

フェルスタッペンは昨年のアゼルバイジャンGPで予選5位に入りながら、決勝ではメカニカル・トラブルでリタイアに終わった。昨年のレースではチームメイトのD・リカルドが優勝しているだけに、フェルスタッペンは今年のレースで表彰台の中央を狙う。



ホーナー代表、マックスのミスはベッテルを思い起こさせる

レッドブルのC・ホーナー代表は、M・フェルスタッペンが中国GP・決勝で起こした接触アクシデントに関して、“ベッテルを思い起こさせる”と評した。

『たしかに、マックスはいくらかの間違いを犯した。ただ、セバスチャンのキャリアの段階においても、似たようなことがあったと思い出させたよ。彼もいくつかの間違いを犯していたからネ。まあ、マックスも多くのことを学んだと思う。これから将来の来たるべきレースで、有効に活かしてくれることをだろう。』

ベッテルはレッドブル時代にミステイクをしたことがある。チームメイトのM・ウェバーと一触即発になったこともあり、ホーナー代表はフェルスタッペンも今回の一件から学んで欲しい意向だ。



ホワイティング、フェルスタッペンの一件は言うまでもない

FIAの安全委員を務めるC・ホワイティングは、中国GP・決勝レースでM・フェルスタッペンとS・ベッテルが交錯したアクシデントについて、審議結果は言うまでもなかったと語った。

『私は、スチュワードが“彼らが為すべき仕事をした”と考えている。私としては、(ドライバーからのヒアリングをしなかったことに関して)そうする少しの必要もあったとは思えない。彼がミスをしたから、彼はペナルティを受けたんだ。』

フェルスタッペンはバックストレート直後の14コーナーへの飛び込みでベッテルに接触し、直ぐにペナルティを受けた。同コーナーではトロ・ロッソの2台も似たようなアクシデントを起こし、直ぐにペナルティが科されていた。



ベッテル、フェルスタッペンの謝罪を受け入れ

中国GP・決勝を8位で終えたフェラーリのS・ベッテルは、レース後にM・フェルスタッペンが謝罪に来て、その謝罪を受け入れたことを明らかにした。

『マックスは(レース後に)真っ直ぐにやってきたよ。そして彼は間違いを犯したことを理解していた。ボクは彼に対して、“見てみろ、まだレースは長いし、君は表彰台を失った”と言っておいたよ。彼はレースを続けられて運が良かったし、ボクも続けることが出来て運が良かった。でも、あのアクシデントは必要なかった。彼は表彰台を手に入れられたと思うし、彼は全く冷静で台無しにしたことを理解していた。

みんなは(若さ故の)彼の年齢のことを聞いてくるけど、そうではないんだ。彼は十分に多くのレースを経験している。コースには僅かな追い風があり、41ラップをこなしたマシンを(追い風を受けながらブレーキングする14コーナーで)止めるには慎重を要すると分かっていた。でも起こってしまったんだ。ボクは、彼が真っ直ぐにボクの所に来たという事実を評価したい。メディアを通して何かを言うのではなく、相対して話し合うことが問題解決の方法だと伝えておいたよ。』

ベッテルはポールポジションからスタートし、レース序盤まではトップを快走して優勝の可能性があった。しかし、ピットインのタイミングでポジションを落とし、セーフティカー後はペースが上がらずフェルスタッペンに接触されて表彰台の可能性すら失った。ベッテルにとってはフラストレーションの溜まる週末となった。



フェルスタッペン、ベッテルとの接触はボクのミス

レッドブルのM・フェルスタッペンは、中国GP・決勝レース終盤でS・ベッテルと交錯アクシデントを起こしたことについて、自身に非があることを認めた。

『セバスチャンがタイヤで苦戦しているのが見えたから、ボクはコーナーへの飛び込みでブレーキングを遅くしようとしたんだ。ボクはリアをロックさせてしまい、彼にヒットした。もちろん、これはボクのミスだよ。これは望んだことではないし、おそらくベストな考えは“待つべきだった”というのは簡単かもしれない。ただ残念にもアクシデントは起こってしまったんだ。』

フェルスタッペンは10秒加算ペナルティを受け、最終的には5位完走となった。



最新記事一覧
トロ・ロッソのP・ガスリーは、今週金曜日に開幕するアゼルバイジャンGPについて、市街地コース攻略に自信をみせた…


トロ・ロッソのB・ハートレーは、初挑戦となるアゼルバイジャンGPについて、楽しみにしていることを明らかにした。 …


マクラーレンのF・アロンソは、今週末のアゼルバイジャンGPでは大きなアップデートを期待できないとの観測を示した…


元ワールドチャンピオンのN・ロズベルグが、若手育成プログラム「ロズベルグ・ヤングドライバー・アカデミー」を設…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2018年 4月(160件)
2018年 3月(177件)
2018年 2月(145件)
2018年 1月(158件)
2017年 12月(155件)
2017年 11月(176件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
2017年 7月(206件)
2017年 6月(169件)
2017年 5月(168件)
  ハミルトン
ベッテル
マッサ
リカルド
ペレス
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
グロージャン
ボッタス
ライコネン
ストロール
フェルスタッペン
オコン
ヒュルケンブルグ
サインツJr
ウェーレイン
バンドーン
マグヌッセン
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  • Top
  • F1News トピック一覧
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】