最新F1ニュース

  • Top
  • F1News トピック一覧

ドイツGP、3箇所目のDRSを設定

FIAは、今週末のドイツGPで3つ目のDRSゾーンを設定することを決めた。

ドイツGPは2年ぶりにF1カレンダーに復活し、ホッケンハイム・リンクで開催される。短いストレートが続く中速テクニカル・サーキットだが、DRSゾーンは「ホームストレート」「1コーナーから2コーナー区間」「5コーナー手前から6コーナー区間」の3箇所に設定される。

前回開催の2年前はDRSゾーンが2箇所のみだったが、今年は「ホームストレート」が付け加えられる。サーキットの前半セクションの大半でDRS検知ポイント/DRSゾーンが連続することになり、例年以上にオーバーテイク合戦が見られそうだ。



第10戦イギリスGP・決勝 ハイライト動画

F1は、イギリスGP・決勝のハイライト動画を公開した。

決勝レースは青空が広がり、絶好のレース・コンディション。イギリスのヒーローであるL・ハミルトンを応援しようと、シルバーストーン・サーキットは満員となった。

スタートではS・ベッテルが好スタートを決めて1コーナーを奪取。ハミルトンはK・ライコネンとの接触で最下位にまで落ちてしまう・後方では中団勢が団子状態で混乱模様となり、P・ガスリーがジャンプアップを果たした。

レースはベッテルが徐々に後続とのギャップを広げてゆく展開。2番手のV・ボッタスがついてゆこうとするが、ギャップはいっこうに縮まらない。しかし、レース中盤になると2度にわたりセーフティー・カーが出動。47周目の時点ではベッテルはボッタスにリードを許していたが、バックストレートでオーバーテイクを敢行し、トップを奪い返した。その後はボッタスの追従を許さず、2番手にあがったハミルトンを突き放してトップでチェッカーを受けた。

【動画】イギリスGP・決勝 ハイライト動画

[2018.07.09]    [記事URL]
[関連記事]  ・FOM関連トピック
 ・レース関連トピック
 ・動画関連トピック


ウィリアムズ、2台のマシンともピットスタートへ

ウィリアムズは、イギリスGP・決勝レースに向けてS・シロトキンとL・ストロールのリア・ウィング交換を実施することを決めた。

シロトキンとストロールは、共に予選1回目の際にスピンを喫した。ウィリアムズはイギリスGPから新しいリア・ウィングを投入したが、DRSを閉じる動作をした際にフロアの空気が“抜ける”挙動がでるようになった。そのため、チームは決勝レースには従来型のリア・ウィングに戻す決断をした。

予選後、マシンは変更を加えることは許されない「パルクフェルメ」状態となる。ウィリアムズはこのルールを破るため、両ドライバーともピットスタートに変更される。



第10戦イギリスGP・予選 ハイライト動画

F1は、イギリスGP・予選のハイライト動画を公開した。

予選は快晴で絶好のコンディション。サーキットにはやや強めの風が吹いているため、ドライバー達はバックストレートでの風の影響を気にかけながらのセッションとなった。

予選1回目は、母国レースのマクラーレンとウィリアムズが苦戦模様。ドライバー達は果敢にアタックをかけるが、予選2回目進出へのハードルは高く、L・ストロールとS・シロトキンがノックアウトされることになった。C・サインツJrもノックアウトされる意外な順位変動があった。

予選2回目は序盤からL・ハミルトンがセッションをリード。トップタイムをマークした後は長くピットにとどまり、次のアタックタイミングを慎重に選ぶ余裕をみせた。中団勢ではトロ・ロッソとフォース・インディアが接戦を繰り広げ、E・オコンが予選3回め進出を勝ち取った。

ポールポジションを決める予選3回目は、最初にL・ハミルトンが会心のアタックを決めて満員のファンを沸かせた。フェラーリとレッドブルはセッティングを変えてポール奪取を目指すが、最後までL・ハミルトンのタイムを更新できず。決勝での逆転を狙うことになった。

【動画】イギリスGP・予選 ハイライト動画

[2018.07.08]    [記事URL]
[関連記事]  ・FOM関連トピック
 ・レース関連トピック
 ・動画関連トピック


第10戦イギリスGP・フリー走行3 ハイライト動画

F1は、イギリスGP・フリー走行3のハイライト動画を公開した。

フリー走行3は、朝から快晴のコンディション。レースの本場らしく、シルバーストーン・サーキットには多くのファンが駆けつけた。

各ドライバー達は、セッション序盤からロング・ランの走行を中心にラップを重ねた。明日の決勝レースも晴れが予想されているため、タイヤのデグラデーションの確認とセットアップの煮詰めに多くの時間を割いた。セッション序盤の段階でB・ハートレーがトラブルでクラッシュし、赤旗中断。チームは原因を特定できないため、P・ガスリーの走行を取り止めさせた。

セッション終盤には予選シミュレーションでアタックをするドライバーも多く、次々とタイムが入れ替わった。最終的にはL・ハミルトンがトップタイムをマークし、午後の予選に向けて自信を深めた。

【動画】イギリスGP・フリー走行3 ハイライト動画

[2018.07.08]    [記事URL]
[関連記事]  ・FOM関連トピック
 ・動画関連トピック
 ・レース関連トピック


最新記事一覧
ホンダは、7月26~29日に開催される「スパ24時間レース」に、元F1ドライバーのR・パトレーゼを起用することを決めた…


レッドブルは、今週末のドイツGPでD・リカルドのエンジンパーツを交換し、グリッド降格ペナルティを受けることを想…


フォース・インディアでエンジニアを務める神野研一氏が登壇するトークイベント「Live Talk! port F Vol.1」が、8月4…


ザウバーは、ドイツGP・金曜フリー走行1にA・ジョビナツィを起用することを決めた。 ジョビナツィはフェラーリのテ…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2018年 7月(122件)
2018年 6月(180件)
2018年 5月(182件)
2018年 4月(203件)
2018年 3月(177件)
2018年 2月(145件)
2018年 1月(158件)
2017年 12月(155件)
2017年 11月(176件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
  ハミルトン
ベッテル
マッサ
リカルド
ペレス
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
グロージャン
ボッタス
ライコネン
ストロール
フェルスタッペン
オコン
ヒュルケンブルグ
サインツJr
ウェーレイン
バンドーン
マグヌッセン
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  • Top
  • F1News トピック一覧
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】