最新F1ニュース

  • Top
  • F1News トピック一覧

アガグ会長、フェラーリの撤退示唆は交渉戦術

Formula Eを運営するA・アガグ会長は、F1のレギュレーション改定内容次第では“撤退”を示唆していることについて、“交渉戦術にすぎない”との見方をした。

『私としては、おそらくF1でより良い交渉のポジションを得るために、おそらく今この瞬間に(撤退示唆の)そうしているのだろう。私は、フェラーリが直ぐに(F1運営者サイドと)新しい契約交渉をするのではないかと思う。彼らの言動は実際の動きというより、戦略的な動きなんだろうネ。』

フェラーリはF1撤退を示唆してF1経営陣にプレッシャーを掛けている。撤退をした場合は電気自動車レース「Formula E」への参戦が噂されているが、当事者側は“フェラーリが実際に来ることはない”と冷静に見ているようだ。



フェラーリ、開発ドライバーにクビアトを起用

フェラーリは、今シーズンの開発ドライバーとして、D・クビアトと契約を結んだことを発表した。

クビアトはトロ・ロッソからF1デビューを飾り、その後にレッドブルへ移籍した。しかし、成績不振からM・フェルスタッペンとシートを交代を強いられ、再びトロ・ロッソに戻ることになった。

昨シーズン、クビアトはトロ・ロッソでレースを続けたが、マレーシアGPと日本GPでP・ガスリーにシートを奪われる結果になった。クビアトはアメリカGPでシートに復帰したものの、チーム批判をするなどしてレッドブルの育成契約を解除されていた。

クビアトはウィリアムズのシート獲得を狙ったが、交渉開始時期が遅く叶わなかった。2018年はフェラーリで開発ドライバーを務め、シミュレータを中心にマシンの発展作業を担当する。



ライコネンのレース・エンジニア、チームを離脱へ

フェラーリのK・ライコネンのレース・エンジニアを務めてきたD・グリーンウッドが、今シーズン開幕までのチームを離脱することになった。

グリーンウッドはマルシャでチーフ・エンジニアを務め、2015年にフェラーリへ移籍してライコネンの担当エンジニアに就任した。しかし、“一身上の都合”でマラネロを離れることになり、既に母国イギリスへ帰国している模様だ。グリーンウッドは今後の去就を明らかにしていないが、マノーのWEC(世界耐久選手権)のプロジェクトに参画するとみられている。

フェラーリはグリーンウッドの後任を決めていない。J・クレアが後任候補とみられているが、2月末の新車発表のタイミングまでには新人事を決めたい意向だ。



メルセデス、まもなく1000馬力の大台へ

現在、F1界ではメルセデスが最もパワフルなエンジンを供給しているのは周知の事実だが、ドイツのAuto Motor und Sport誌は、メルセデスが間もなく1000馬力に到達するとの分析を掲載している。

Auto Motor und Sport誌は、昨シーズンのレースで各チームのGPSデータを用いて分析を実施。各パワーユニットの出力を推計した結果、最終戦アブダビGPでは、メルセデスは「949馬力」を記録していたと分析。大台の1000馬力までは約50馬力と迫った。F1は2020年からエンジンのレギュレーションを改定するため、メーカーによっては“2021年へシフト”とすることになるが、メルセデスは2018年もしくは2019年にも1000馬力の大台へ突入することは可能とみられている。

メルセデスのライバルであるフェラーリは、「934馬力」で僅差に迫っている。フェラーリはエンジンの開発を止めることはなく、2017年にメルセデスとの差を一気に縮めたため、今後もこの開発ペースを維持してキャッチアップを急ぐ。

ルノーは「907馬力」をマークし、900馬力台へパワーを押し上げている。一方、ルノーのライバルと目されているホンダは「860馬力」にとどまっており、さらなる飛躍が求められている。



ライコネン、インスタグラムのアカウントを開設

フェラーリのK・ライコネンが、写真投稿型ソーシャルメディア「インスタグラム」のアカウントを開設した。

ライコネンはソーシャルメディア嫌いで知られており、TwitterやFacebookの投稿はせず距離を置いてきた。SNSを駆使するL・ハミルトンやR・グロージャンのことを“理解できない”と語ったこともあった。

ライコネンは、初めてのインスタグラム投稿で『やあみんな、こんにちは。今、これで何をすれば良いのか分からないけれど、どうなるかやってみるよ』とビデオメッセージを寄せた。ライコネン・ファンはぜひフォローしたいアカウントになりそうだ。

■インスタグラム「kimimatiasraikkonen」
https://www.instagram.com/kimimatiasraikkonen/

This time I don’t know what I’m doing. #Kimi7

#Kimi7さん(@kimimatiasraikkonen)がシェアした投稿 -




最新記事一覧
伝説のドライバーとして未だに人気の高いA・セナがモナコGPで最後に勝利したマシンが、オークションに出品されるこ…


マクラーレンはリリースを発表し、メディア大手のCNBCとスポンサー契約を結んだことを明らかにした。 CNBCはビジネス…


現在、イギリスのシルバーストーン・サーキットは、モータースポーツ・シーズンの幕開けに向けて路面の再舗装が進め…


鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは、今年秋の日本GP観戦チケットを5月13日より発売開始することを決めた。…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2018年 1月(118件)
2017年 12月(155件)
2017年 11月(176件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
2017年 7月(206件)
2017年 6月(169件)
2017年 5月(168件)
2017年 4月(173件)
2017年 3月(175件)
2017年 2月(149件)
  ハミルトン
ベッテル
マッサ
リカルド
ペレス
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
グロージャン
ボッタス
ライコネン
ストロール
フェルスタッペン
オコン
ヒュルケンブルグ
サインツJr
ウェーレイン
バンドーン
マグヌッセン
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  • Top
  • F1News トピック一覧
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】