最新F1ニュース

  • Top
  • F1News トピック一覧

ハース、現状では“中団グループ”は存在しない

ハースのG・シュタイナー代表は、今シーズンは各チームが競争力をつけているため“中団グループ”は実質的に存在しないとの見方を示した。

『冬のテストを終えて、我々は容易に今シーズンを達成できたと慎重かつ楽観的に考えていた。しかし、全てのチームは非常に素晴らしく、難しいタスクとなっている。競争力がないチームなんて存在しない。もはや“中団グループ”は存在しないようなものだよ。トップ3と“それ以外”なんだ。』

今シーズンは全チームがポイントを獲得し、ルーキーのS・シロトキンを除くグリッド19名のドライバーがシーズンの早い段階でポイント獲得を達成した。ハースにとっては、最下位のウィリアムズでさえもアゼルバイジャンGPでトップ6に入っていることから、潜在的な競争力を警戒している。

[2018.07.17]    [記事URL]
[関連記事]  ・ハース関連トピック


ピレリ、2019年型スペックをテスト

今週火曜日と水曜日、ピレリはイギリスのシルバーストーン・サーキットでタイヤ・テストを実施し。

今シーズン、ピレリはシーズン中に複数回のタイヤ・テストを予定。イギリスGP後には、レッドブル/ハース/ウィリアムズが参加し、2019年型スペックのタイヤ・テストを初めて実施した。

テストには、レッドブルはM・フェルスタッペンとS・ブエミが参加し、ハースからはR・グロージャンが協力して走行を担当。ウィリアムズからはR・クビサが参加し、計3チーム/2日間で509周を走破し、データ収集を行った。各テスト日程のタイムは非公表。

テストで集められたデータは、全チームに共有される。次回は9月にフランスのポールリカール・サーキット(担当:マクラーレン)で再びタイヤ・テストが実施される予定だ。



フェルッチ、ハースから契約解除の危機!?

ハースの開発ドライバーを務めるS・フェルッチが、現在参戦中のF2での“不適切な素行”により、F1での仕事を契約解除される可能性がある。

フェルッチはアメリカ出身のドライバーで、将来的にはハースからF1ステップが期待されている。今シーズンはF2に参戦し、トライデント・チームでレース経験を積んできた。

先週末のイギリスGPでは、F1のサポートレースとしてF2が開催された。フェルッチはレース中にチームメイトのA・マイニに対してコース外へ押し出す動きをした。また、レース終了後のクールダウン・ラップでマイニの右リアに接触した。レース後の接触について、チーム側は“故意の動き”であったと認めた。

F2のレーススチュワードは、レース中とレース後のインシデントについて審議するため、フェルッチに呼び出しをかけたが拒否。そのため、レース・スチュワードはフェルッチのレース記録を抹消し、4レース出場停止と約780万円の高額の罰金を科した。

ハースのG・シュタイナー代表は、フェルッチの件について『私はその件について見たし、認識している。ただ現時点では(ハースから契約を解除する)決断を下す十分な情報がない』として、今後の状況しだいでは契約解除もありうることを示唆した。


[2018.07.11]    [記事URL]
[関連記事]  ・全般トピック関連トピック
 ・ハース関連トピック


グロージャン、スピンの影響でフリー走行2を走れず

イギリスGP・初日、ハースのR・グロージャンはフリー走行1でスピンを喫し、この時のダメージが原因でフリー走行2を走れなかった。

グロージャンは、フリー走行1の早い段階で1コーナーでスピン。マシンは高速でグラベルに突っ込み、最後はタイヤ・バリアに左フロントをヒットさせて止まった。マシンは左フロントを中心にダメージを受け、フロアなど広範なパーツにダメージが及んでいた。

チームはモノコックを含めてマシンを交換することを決断。レギュレーションでは、モノコック交換を伴う変更を行った場合は同日中の走行が出来ないため、グロージャンは走行を諦めてピットでフリー走行2を見守った。

なお、グロージャンはアクシデント後に無線で原因を“DRSを閉じることが出来なかった”と説明している。



マクラーレン&ハース、アンセーフ・リリースで罰金

オーストリアGPのレース・スチュワードは、オーストリアGP・金曜フリー走行でマクラーレンとハースがアンセーフ・リリースをしたとして、それぞれに罰金ペナルティを科した。

アンセーフ・リリースは、マシンが不十分な状態や安全性が確認できない状態でピットから発進した際に科されるペナルティ。主に罰金のペナルティで、ドライバーではなくチームに対して科される。

マクラーレンは、S・バンドーンをピットから発進させる際にピットロードの安全性を十分に確認しなかった。ピットロードを走行中のS・ベッテルとクラッシュしそうになったことが問題視された。一方、ハースはK・マグヌッセンのフロント・タイヤが適切に装着されていない状態で発進させ、ペナルティ対象となった。

【動画】マクラーレンのアンセーフ・リリース(オーストリアGP・フリー走行1)



最新記事一覧
ホンダは、7月26~29日に開催される「スパ24時間レース」に、元F1ドライバーのR・パトレーゼを起用することを決めた…


レッドブルは、今週末のドイツGPでD・リカルドのエンジンパーツを交換し、グリッド降格ペナルティを受けることを想…


フォース・インディアでエンジニアを務める神野研一氏が登壇するトークイベント「Live Talk! port F Vol.1」が、8月4…


ザウバーは、ドイツGP・金曜フリー走行1にA・ジョビナツィを起用することを決めた。 ジョビナツィはフェラーリのテ…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2018年 7月(122件)
2018年 6月(180件)
2018年 5月(182件)
2018年 4月(203件)
2018年 3月(177件)
2018年 2月(145件)
2018年 1月(158件)
2017年 12月(155件)
2017年 11月(176件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
  ハミルトン
ベッテル
マッサ
リカルド
ペレス
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
グロージャン
ボッタス
ライコネン
ストロール
フェルスタッペン
オコン
ヒュルケンブルグ
サインツJr
ウェーレイン
バンドーン
マグヌッセン
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  • Top
  • F1News トピック一覧
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】