最新F1ニュース

  • Top
  • F1News トピック一覧

ベルガー、2021年からのポルシェのF1参戦を予想

元F1ドライバーでトロ・ロッソのチーム副代表を努めたことがあるG・ベルガーは、近い将来にポルシェがF1に参戦する可能性を示唆した。

『ポルシェは、2021年からのF1参戦を考えている。彼らは新しいエンジン・レギュレーションを待っているところであり、それはおそらく5月にも公表されるだろう。彼らはその発表を待って決断するだろう。』

これまでポルシェはWEC(世界耐久選手権)やスポーツカーを中心にモータースポーツ活動を行ってきた。しかし、WECから既に撤退をしており、世界トップクラスのモータースポーツ活動からは距離をおいている。最近になりポルシェはWECマシンを改造して「スパ・フランコルシャンでF1のタイムを上回る」チャレンジをしており、トップ・フォーミュラへの挑戦に意欲を示している。

なお、ポルシェは1990年代前半にフットワークへF1エンジンを供給していたことがある。しかし、その当時は重くて非力であったため、シーズン途中でフットワークがコスワースにエンジン変更をして、十分な結果を残せないままF1撤退を余儀なくされた。2021年からのF1復帰が実現すれば、30年ぶりに世界最高峰の舞台に“ポルシェ”の名前が戻ってくることになる。

[2018.04.24]    [記事URL]
[関連記事]  ・全般トピック関連トピック


隔週刊『F1マシンコレクション』、最新号は「ウイリアムズ FW07B」

デアゴスティーニ・ジャパンは、隔週刊『F1マシンコレクション』の最新号を発売した。

『F1マシンコレクション』は、過去のグランプリマシンやレースを紹介する隔週刊雑誌。雑誌には、当時のマシンを忠実に再現した1/43スケールのダイキャスト製ミニカーが付属する。

最新の2018年5/15号号には、「ウイリアムズ FW07B」(アラン・ジョーンズ)が付属する。ウィリアムズは1979年シーズンに向けて「FW07」を完成させたが、同マシンは改良が続けられて1982年まで実戦投入された。FW07Bは1980年シーズンに投入され、アラン・ジョーンズとカルロス・ロイテマンがドライブした。

FW07Bは素性の良さからドライビングがしやすく、シーズンを通して競争力を発揮。ジョーンズは5勝を挙げ、ロイテマンも1勝を挙げて、チーム創設以来の悲願であったコンストラクターズ・タイトルを獲得した。ジョーンズはワールドチャンピオンも獲得している。

■隔週刊『F1マシンコレクション』(アラン・ジョーンズ)



『F1速報』、中国GP号発売

クルマ関連雑誌を数多く発売する三栄書房は、『F1速報』最新号の発売を開始した。

最新の中国GP号では、みごとなオーバーテイクショーを演じたレッドブルのD・リカルドをクローズアップ。レース週末を通してダークホース的な存在だったが、決勝レースでは的確なタイミングでピット作戦を遂行し、誰もが驚く逆転劇を演じた。誌面では、リカルドの完璧なレースを詳細に振り返っている。

特集では、著名F1ジャーナリストらの対談を掲載。冬のテストと今シーズン序盤戦での戦いを踏まえて、早くも“2018年シーズンの行方”を占っている。

■『F1速報』(中国GP号)

[2018.04.20]    [記事URL]
[関連記事]  ・全般トピック関連トピック


ウィリアムズ、予算キャップ制が導入されなければ将来性に疑問

ウィリアムズのチーム副代表を務めるC・ウィリアムズは、高騰するチーム運営費用に関して、プライベーターには予算キャップ制の導入が必要不可欠との認識を示した。

『私個人の見解で言えば、もし予算キャップ制が導入されなければ、ウィリアムズは会社を閉鎖しなければいけないだろう。バーレーン(での各チーム話し合い)では、私は非常に前向きでしたが、非常に否定的なチームもあります。私が言いたいことは、F1というスポーツのためにも、もっと大きな青写真を描かなければいけないということです。』

現在、F1は予算キャップ制の導入を検討している。実際に導入されれば、マーケティング費用を除く総額予算の上限が設定され、その枠内でチーム運営が求められる。しかし、トップチームは導入に反対しており、全チームの合意は難しいと考えられる。



バリチェロ、腫瘍除去の手術を受ける

元F1ドライバーのR・バリチェロが、首にできた腫瘍を諸居する手術を受けたことを報告した。

今年はじめ、バリチェロは頭痛が続き体調不良を訴えていた。そのため、地元ブラジルの病院で精密検査を受けたところ、腫瘍が発見された。腫瘍は良性で体調には懸念が少なかったが、バリチェロは今後のことを考えて手術に踏み切った。

手術後、バリチェロの体調は順調で、地元レースへの復帰に意欲をみせている。バリチェロは昨年のブラジルGPでは表彰台インタビュアーとして登場しており、体調回復に励んでゆく。



最新記事一覧
トロ・ロッソのP・ガスリーは、今週金曜日に開幕するアゼルバイジャンGPについて、市街地コース攻略に自信をみせた…


トロ・ロッソのB・ハートレーは、初挑戦となるアゼルバイジャンGPについて、楽しみにしていることを明らかにした。 …


マクラーレンのF・アロンソは、今週末のアゼルバイジャンGPでは大きなアップデートを期待できないとの観測を示した…


元ワールドチャンピオンのN・ロズベルグが、若手育成プログラム「ロズベルグ・ヤングドライバー・アカデミー」を設…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2018年 4月(160件)
2018年 3月(177件)
2018年 2月(145件)
2018年 1月(158件)
2017年 12月(155件)
2017年 11月(176件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
2017年 7月(206件)
2017年 6月(169件)
2017年 5月(168件)
  ハミルトン
ベッテル
マッサ
リカルド
ペレス
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
グロージャン
ボッタス
ライコネン
ストロール
フェルスタッペン
オコン
ヒュルケンブルグ
サインツJr
ウェーレイン
バンドーン
マグヌッセン
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  • Top
  • F1News トピック一覧
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】