最新F1ニュース

  • Top
  • F1News トピック一覧

ホーナー代表、トロ・ロッソを犠牲にするつもりはない

レッドブルのC・ホーナー代表は、来シーズンからのホンダ・エンジン搭載に向けて、今年のレースでトロ・ロッソが犠牲になってまでエンジン開発を進めさせる意図はないことを強調した。

『我々としては、(今シーズンの)トロ・ロッソを犠牲にしてまで、ホンダのエンジン開発を推し進めようとは考えていない。もちろん、レッドブル・グループ全体の利益のためにも、(来年に向けて今年に積極開発することで)、学ぶチャンスもあることだろう。そうすることで、最終的には我々だけではなくトロ・ロッソにも利益をもたらすことになる。これはあきらかにオープンなことだし、トロ・ロッソはコンストラクターズ争いで独立して戦っている。それは重要な価値があることなんだ。』

レッドブルのアドバイザーを務めるH・マルコは、トロ・ロッソのペナルティ覚悟でエンジンを開発させる旨の“踏みこんだ発言”をして物議を呼んだ。ホーナー代表はその可能性を否定し、あくまでもレッドブル・グループ全体を向上させてゆく意図だったとした。



レッドブル、トロ・ロッソはペナルティを受けてでも“ホンダの開発”を

レッドブルのアドバイザーを務めるH・マルコは、来シーズンからのホンダ・エンジン搭載に向けて、今のうちにトロ・ロッソがペナルティを受けてでも実戦で“ホンダの開発アップデート”投入を優先したい方針を明らかにした。

『もちろん、ホンダに決定は委ねられている。しかし、もしホンダがコンマ1秒の改善を見出したのであれば、アップグレードをレースで試すことができるだろう。たとえ(トロ・ロッソに)ペナルティが科されたとしてもだ。』

レッドブルは、来シーズンからホンダ・エンジンを搭載することが決まっている。そのため、レッドブルはトロ・ロッソ・ホンダに“今シーズンのうちにできる限りのアップデートをかける”ことを望んでいる。

トロ・ロッソとホンダは、「シーズンに3基まで」のパワーユニット制限を守ろうと努力しながらレースを続けている。しかし、兄弟チームのレッドブルの意向によっては、これを意図的に破って“次々にアップデートをかけて実戦で試す”ことを要求されそうだ。そうなった場合、トロ・ロッソはペナルティで難しいレースを強いられることになる。



トスト代表、ホンダには何ら問題はなかった

トロ・ロッソのF・トスト代表は、今シーズンから共に仕事を開始したホンダについて、昨年までのマクラーレン時代に批判されたほどの問題はなかったとの認識を示した。

『ホンダには、(現時点で感じているのは)決して問題はなかったよ。私は、マクラーレンがどのような経験をしたのか分からないが、我々はホンダ・エンジンについて聞いていたほど悪くはなかった。ホンダのエンジンは十分に機能しているし、我々はホンダと共に仕事をして改善を続けているんだ。』

トロ・ロッソは昨年までルノー・エンジンを搭載していたが、スピード不足や度重なるトラブルでホンダ・エンジンに載せ替えた。ホンダも2018年に向けて信頼性確保を最優先に開発しており、昨年までの失敗を繰り返さないようにしている。

ホンダは2018年も依然としてスピードではメルセデスやフェラーリに遅れを取っているが、トロ・ロッソと良好な関係を構築してエンジン開発を加速させ、来シーズンからのレッドブルとの2チーム供給にむけて準備を進めたい意気込みだ。



ガスリー、フェラーリ・エンジンの競争力を警戒

トロ・ロッソのP・ガスリーは、今シーズンの中団争いでザウバーが手強いことに関して、“フェラーリ・エンジン”の影響が大きいとの見方を示した。

『ザウバーは本当に速い。彼らのパッケージは充実しているから、後ろでついてゆくのは本当に本当に大変なんだ。シャシーの面では、まだボク達の方が前にいると思う。だけどエンジンとパワーユニットのパッケージにおいては、フェラーリの方が前だろう。(去年と比べて)彼らは大きな違いがあるよ。』

ザウバーは昨年まで最下位の常連だったが、今年は一気に中団にまで返り咲いた。フェラーリは今シーズンからエンジンの性能を格段に向上させており、カスタマー・エンジンのザウバーも恩恵を受けている。



トロ・ロッソ、サスペンションをファクトリーで詳細調査

トロ・ロッソのテクニカル・ディレクターを務めるJ・キーは、イギリスGP・フリー走行3で発生したB・ハートレーのサスペンション・トラブルについて、レース後にイタリアのファクトリーで詳細調査を進める方針を示した。

『サスペンション部品は、(イタリアの)フェアンツェのファクトリーに送り戻される。そして詳細調査が行われることになる。影響や不具合の可能性など、どのようにして破損したのか手がかりを見つけることになる。その調査結果に対する対処については、様々な選択肢があるよ。もちろん、今回のことが“1回限り”であることを望んでいる。ピエールは(日曜日に)52周にわたって問題なくレースをした。1回限りの問題だったと感じてはいるが、決してそう仮定することはできないよ。』

ハートレーはウェリントン・ストレートを走行中、ブレーキング姿勢に入った時に左フロント・サスペンションが破損し、為す術なくコースアウトして大クラッシュした。シーズン開幕からの9戦で、サスペンション・トラブルは初めてだった。チームは前戦オーストリアGPで“非常に凶暴な縁石”を何度もまたいだことにより、ダメージが蓄積したのではないかと疑っている。



最新記事一覧
ホンダは、7月26~29日に開催される「スパ24時間レース」に、元F1ドライバーのR・パトレーゼを起用することを決めた…


レッドブルは、今週末のドイツGPでD・リカルドのエンジンパーツを交換し、グリッド降格ペナルティを受けることを想…


フォース・インディアでエンジニアを務める神野研一氏が登壇するトークイベント「Live Talk! port F Vol.1」が、8月4…


ザウバーは、ドイツGP・金曜フリー走行1にA・ジョビナツィを起用することを決めた。 ジョビナツィはフェラーリのテ…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2018年 7月(122件)
2018年 6月(180件)
2018年 5月(182件)
2018年 4月(203件)
2018年 3月(177件)
2018年 2月(145件)
2018年 1月(158件)
2017年 12月(155件)
2017年 11月(176件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
  ハミルトン
ベッテル
マッサ
リカルド
ペレス
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
グロージャン
ボッタス
ライコネン
ストロール
フェルスタッペン
オコン
ヒュルケンブルグ
サインツJr
ウェーレイン
バンドーン
マグヌッセン
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  • Top
  • F1News トピック一覧
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】