最新F1ニュース

ラウダ、ボッタスはナンバー2に徹すべき

メルセデスの非常勤役員を務めるN・ラウダは、V・ボッタスは今シーズンの残りのレースで“ナンバー2に徹すべき”との持論を展開した。

『このポイント差を持って今の段階でストップすべきだ。私は、0.5ポイント差でチャンピオンになったことがあるだけに、1つ1つのポイントが如何に重要であるかが分かっている。私は、“チームオーダー”を行う必要性があることは分かっている。ボッタスはスパの週末で強さを発揮できずルイスにチャンピオンのチャンスがあることが明確になった。もし、ブダベストで彼がルイスに3ポイントを明け渡していたら、ルイスはベッテルの僅か3ポイント差につけられていた。』

ボッタスはチャンピオン争いで179ポイントを獲得し、ランキング3位につけている。しかし、トップのベッテルとは40ポイント近い差があり、残りの8レースでの逆転には相当な奮起が必要となる。

[2017.08.31]



最新記事一覧
ザウバーは、2018年用ニューマシン「C37」を公開した。 ザウバーは今シーズンからアルファ・ロメオのスポンサードを…


ザウバーはリリースを発表し、「Richard Mille」および「Carrera」とスポンサー契約を結んだことを明らかにした。 「…


ルノーは、今シーズンからの新スポンサーとして「天猫Tmall」(Alibaba’s Tmall)と契約を結んだことを明らかにした…


メルセデスAMGのV・ボッタスは、今シーズンから導入されるドライバー頭部保護デバイス「HALO」の影響について、シミ…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2018年 2月(105件)
2018年 1月(158件)
2017年 12月(155件)
2017年 11月(176件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
2017年 7月(206件)
2017年 6月(169件)
2017年 5月(168件)
2017年 4月(173件)
2017年 3月(175件)
  ハミルトン
ベッテル
マッサ
リカルド
ペレス
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
グロージャン
ボッタス
ライコネン
ストロール
フェルスタッペン
オコン
ヒュルケンブルグ
サインツJr
ウェーレイン
バンドーン
マグヌッセン
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】