最新F1ニュース

  • Top
  • F1News トピック一覧

マッサ、ウィリアムズは財政状況に苦しんできた

元F1ドライバーのF・マッサは、古巣のウィリアムズが今シーズンは苦戦している状況について、次のようにコメントした。

『チームが財政状況に苦しんできたというのは本当だ。それだからこそ、(スポンサーマネーを持ち込める)資金面を優先的に2018年の決定をしたと思う。ただ、これではチャンピオンシップで競争するには十分ではないよ。ボクは(ファクトリーのある)グローブのみんなとは良い関係だし、チームができるだけ早くベストなものとなって欲しい。もちろん、ボクは昨年にしたボク自身の決定には満足だと付け加えられるよ。』

マッサは2016年末でF1引退を決めていたが、チームの事情により引退を一年先延ばしにして2017年で現役引退をした。ウィリアムズは2018年のドライバー選考には時間をかけ、R・クビサとS・シロトキンのどちらを選ぶかに悩み続けた。クビサはテストで好結果を残したものの、結果的にはスポンサーを数多く抱えるシロトキンが選ばれることになった。



マッサ、ストロールに大人な反応

元F1ドライバーのF・マッサは、昨年までのチームメイトだったL・ストロールが“手本にならなかった”と批判したことについて、大人な対応をみせた。

マッサはストロールのコメントを受けて、SNSにおどけた顔アイコンと共に『better not to comment(何もコメントしない方が良いかな)』と投稿した。ストロールの批判に対してあえて取り合わず、先輩として冷静に対応したかたちだ。

マッサは約15年のF1生活を通して、コース内だけではなくコース外での立ち振る舞いについても多くの経験をしてきた。自由奔放な発言のストロールに対して、マッサはこのような発言の場合を受けたときにはどのように対応すべきか示すかたちとなった。



ストロール、マッサは手本にならなかった

昨シーズンにウィリアムズからF1デビューを飾ったL・ストロールは、“指導役”として引退を一年延ばしたF・マッサとの関係について次のように振り返った。

『去年、ボクには如何なるガイダンスもあったとは思えないかな。フェリペは、他に良くあるようなチームメイトだった。彼は、彼自身が速く走れるようにするために忙しかったようだし、ボクもできる限り速く走ろうと挑戦したよ。そして、それ以上の何もなかった。なぜ、みんなが彼のことをコーチやメンターのようだったと思うのか分からないよ。』

マッサは2016年末でのF1引退を決めていたが、チーム側の事情でこれを1年延ばして2017年も現役を続けた。チーム側はマッサ残留にあたって“ストロールへのアドバイス”を期待したが、ストロール側は必ずしも効果的な結果はなかったと思っているようだ。



マッサ、2018年のマシンはアグレッシブ

昨シーズンまでウィリアムズをドライブしていたF・マッサは、2018年に向けて開発中のマシンについて、“アグレッシブ”なスタイルであることを明らかにした。

『ボクは風洞にあるニューマシンを見たけれど、面白く見えるほど多くの変化があるようにみえたよ。チームのみんなが仕事をしているし、最初のレースまでにあらゆる事が変化してゆくだろうし、それはマシンの中でもそうだろう。マシンはよりアグレッシブに見えるし、見たところも大きく変わっている。ウィリアムズは改善できると信じているよ。』

ウィリアムズは、最近の2シーズンはチーム成績が下降気味にある。2018年はドライバー頭部保護デバイス「HALO」が導入されることもあり、マシンを大きく変革させて上位を目指すチャンスとなる。



マッサ、Formula Eへの参戦は急がずに考える

昨シーズン限りで現役引退したF・マッサは、新たなキャリアで電気自動車レースの「Formula E」への参戦の可能性について、次のように語った。

『今、この瞬間にどのような状況になっているのか理解しているところなんだ。だから、今の状況は分からないよ。まあ、(今年に)Formula Eでレースをすることはないかな。もうFormula Eのシーズンがスタートしているし、多くのチームのドライバーが決まっているからネ。』

マッサは、引退後のレース活動については明かしていない。Formula Eへの参戦は現役時代から噂されているため、近い将来に参戦が実現する可能性が十分にありそうだ。



最新記事一覧
トロ・ロッソのP・ガスリーは、今週金曜日に開幕するアゼルバイジャンGPについて、市街地コース攻略に自信をみせた…


トロ・ロッソのB・ハートレーは、初挑戦となるアゼルバイジャンGPについて、楽しみにしていることを明らかにした。 …


マクラーレンのF・アロンソは、今週末のアゼルバイジャンGPでは大きなアップデートを期待できないとの観測を示した…


元ワールドチャンピオンのN・ロズベルグが、若手育成プログラム「ロズベルグ・ヤングドライバー・アカデミー」を設…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2018年 4月(160件)
2018年 3月(177件)
2018年 2月(145件)
2018年 1月(158件)
2017年 12月(155件)
2017年 11月(176件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
2017年 7月(206件)
2017年 6月(169件)
2017年 5月(168件)
  ハミルトン
ベッテル
マッサ
リカルド
ペレス
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
グロージャン
ボッタス
ライコネン
ストロール
フェルスタッペン
オコン
ヒュルケンブルグ
サインツJr
ウェーレイン
バンドーン
マグヌッセン
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  • Top
  • F1News トピック一覧
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】