最新F1ニュース

  • Top
  • F1News
  • 冠宇、無線トラブルが原因でペナルティを消化できず
冠宇、無線トラブルが原因でペナルティを消化できず

冠宇、無線トラブルが原因でペナルティを消化できず

サウジアラビアGP・決勝、アルファロメオの周冠宇はレース中のペナルティ消化のためにピットで制止したが、無線トラブルが原因でペナルティを消化しきれなかった。

冠宇はスタート直後の1コーナーでコース外走行を行ってオーバーテイクしたとして、5秒のタイムペナルティを科された。チームと冠宇は、1回目のピットタイヤ交換のタイミングでペナルティ消化を決めた。冠宇はピットに飛び込んでマシンを制止させ、各タイヤのメカニック達は「5秒制止」の時間が過ぎるのを待った。しかし、フロントジャッキ担当者が誤ってマシンを持ち上げてしまい、レース・スチュワードは“ペナルティを履行しなかった”と判断した。

チームは冠宇のピットストップと合わせてV・ボッタスもピットインをさせ、Wピットストップの実施を狙っていた。そのためメカニック達の無線に混乱が生じ、フロントジャッキ担当が誤って作業をすることになった。

冠宇はその後に改めてタイムペナルティを消化し、最終的には11位でレースを終えている。

[2022.03.30]


最新記事一覧
マクラーレンのD・リカルドは、来年のオーストラリアGPのサポートレースとしてF2/F3が予定されていることに関して、…


アルピーヌのO・スザフナウアー代表は、今月末のベルギーGPから始まる今シーズン後半戦に向けて、次のように展望を…


2022年8月16日、FIAは世界モータースポーツ評議会を開き、2026年から導入予定のパワーユニット規定を最終承認した。 …


FIAは、2023年からロールフープの規定を見直し、安全性の強化を図ることを決めた。 ロールフープは、ドライバーのヘ…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2022年 8月(96件)
2022年 7月(197件)
2022年 6月(168件)
2022年 5月(188件)
2022年 4月(170件)
2022年 3月(179件)
2022年 2月(141件)
2022年 1月(152件)
2021年 12月(199件)
2021年 11月(201件)
2021年 10月(188件)
2021年 9月(214件)
  ハミルトン
ベッテル
ガスリー
ヒュルケンブルグ
グロージャン
サインツJr
ペレス
ライコネン
クビアト
クビサ
ボッタス
ルクレール
フェルスタッペン
リカルド
マグヌッセン
ノリス
ストール
ジョビナッツィ
アルボン
ラッセル
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
ルノー
ハース
マクラーレン
レーシング・ポイント
アルファロメオ
トロ・ロッソ
ウィリアムズ
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】