最新F1ニュース

  • Top
  • F1News
  • ピレリ、アゼルバイジャンGPでのアクシデントは「外的要因」と結論
ピレリ、アゼルバイジャンGPでのアクシデントは「外的要因」と結論

ピレリ、アゼルバイジャンGPでのアクシデントは「外的要因」と結論

ピレリは、アゼルバイジャンGP・決勝でL・ストロールとM・フェルスタッペンがタイヤのトラブルに見舞われた件について、「外的要因」がパンクチャーを引き起こしたとの結論がほぼ固まった。

ピレリは決勝レース後に“タイヤの構造に問題は無かった”と初期調査を発表。トラブルが生じたタイヤをイタリアに持ち帰り、研究施設で詳細調査を続けていた。

ストロールとフェルスタッペンのタイヤとも直前までパンクチャーの兆候は生じておらず、ドライバーも問題を感じ取っていなかった。ピレリは予選・決勝前にタイヤの圧力を上げることを推奨していたが、レッドブルとアストンマーチンはこの対応に従わなかった。フェルスタッペンのタイヤの圧力は他のドライバーよりも低かったことが要因と推測されたが、明確な関連付けはできなかった。

決勝レースでは、コースが非常に汚れており、アクシデントでパーツのデブリが落ちていたことが要因と最終結論づけられる見込みだ。調査報告のレポートは、まもなく両チームに送られる。

[2021.06.15]


最新記事一覧
ウィリアムズは、ドキュメンタリー作品「ラップ・オブ・レジェンド」がカンヌライオンズ賞を受賞したことを発表した…


F1は先週末のスペインGPを終え、月曜午前には次戦オーストリアへ向けて出発した。 3月に開幕したF1は各国を転戦し、…


HRC(ホンダ・レーシング)は、S・ペレスと佐藤琢磨が「Honda RACING Gallery」を紹介する特別コンテンツを公開した…


ホンダは、公式ホームページの人気コンテンツ「DREAMS」を更新し、HRC(ホンダ・レーシング)でパワーユニット開発を…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2024年 6月(141件)
2024年 5月(195件)
2024年 4月(184件)
2024年 3月(205件)
2024年 2月(149件)
2024年 1月(155件)
2023年 12月(154件)
2023年 11月(182件)
2023年 10月(191件)
2023年 9月(197件)
2023年 8月(170件)
2023年 7月(205件)
  ハミルトン
ベッテル
ガスリー
ヒュルケンブルグ
グロージャン
サインツJr
ペレス
ライコネン
クビアト
クビサ
ボッタス
ルクレール
フェルスタッペン
リカルド
マグヌッセン
ノリス
ストール
ジョビナッツィ
アルボン
ラッセル
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
ルノー
ハース
マクラーレン
レーシング・ポイント
アルファロメオ
トロ・ロッソ
ウィリアムズ
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】