最新F1ニュース

  • Top
  • F1News トピック一覧

ルノー、2018年用ニューマシン「R.S.18」をお披露目!

ルノーは、2018年シーズンを戦うニューマシン「R.S.18」をお披露目した。

ルノーはフル・コンストラクターとしてF1に復帰してから今年で3年目をむかえる。チームはF1復帰時に“結果を出すには3年はかかる”としていたが、「R.S.18」はその目標達成のために攻めたマシンに仕上がった。

ルノーは昨年までの2シーズンは前年形を踏襲し、無難な発展型マシンを投入してきたが、「R.S.18」では設計を大幅に見直した。フロント・ノーズは昨年までの太型からややシェイプされ、コックピットへのノーズ傾斜の立ち上がりもスムーズなものに変更された。フロント・ウィングは複雑な3D形状で、フロントのダウンフォース増大を目指している。

リア・セクションは、昨年よりもコークボトル形状の絞込がきつくなった。ルノーのサイドポンツーンは、後方に行くに従って早い段階で絞り込まれるのが特徴だったが、「R.S.18」では昨年よりも絞り込みのポイントが若干後退し、後部にゆくに従って落とし込まれるデザインを採用。サイドポンツーン内の空気の流れを積極的に改善しようという姿勢がうかがえる。サイドポンツーンのエア流入口付近は、昨年にフェラーリが導入した前縁スラットのアイデアを採り入れ、ダウンフォース獲得を狙っている。









[2018.02.21]    [記事URL]
[関連記事]  ・ルノー関連トピック
 ・新車発表関連トピック


ザウバー、2018年用ニューマシン「C37」公開!

ザウバーは、2018年用ニューマシン「C37」を公開した。

ザウバーは今シーズンからアルファ・ロメオのスポンサードを受け、チームカラーを一新。昨年までの鮮やかな青から一転して、真紅のアルファロメオ・カラーへとリニューアルした。

ザウバーは、これまでの2年間は資金難からマシン開発は事実上ストップしていたが、昨年のオーナー変更とアルファロメオの支援により財政基盤が安定。「C37」の開発には十分な予算が充てられた。

「C37」は昨年までのC36から大きな変貌を遂げた。フロントまわりは昨年同様に図太いものだが、ノーズまわりは曲線的なデザインから直線的なものに変更された。一見すると昨年のフェラーリの“良いところ”を積極的に採り入れつつ、今年から導入されたドライバー頭部保護デバイス「HALO」に合わせて最適化されている。

リアのサイド・ポンツーンは大型のものが採用されているが、下半分の絞込はきつくなっている。サイドポンツーン上面はリア末端まで伸ばされ、リア・ウィングにあたるエアを極力コントロールしようとする姿勢がみてとれる。












[2018.02.20]    [記事URL]
[関連記事]  ・ザウバー関連トピック
 ・新車発表関連トピック


ザウバー、相次いでスポンサーを獲得

ザウバーはリリースを発表し、「Richard Mille」および「Carrera」とスポンサー契約を結んだことを明らかにした。

「Richard Mille」はスイスの高級ブランドウォッチで、オーナーはモータースポーツに理解がありヒストリックF1マシンのコレクターとしても知られている。また、各種モータースポーツイベントへの支援も積極的に行っているが、新たにザウバーのスポンサーに就任してチームをサポートする。

「Carrera」はヨーロッパを中心に人気のサングラス/メガネブランド。今回のスポンサードでモノコックのサイドにロゴが貼られるとともに、ドライバー達には最新のサングラスが提供される。

[2018.02.20]    [記事URL]
[関連記事]  ・ザウバー関連トピック
 ・スポンサー関連トピック


ルノー、天猫Tmallとスポンサー契約

ルノーは、今シーズンからの新スポンサーとして「天猫Tmall」(Alibaba’s Tmall)と契約を結んだことを明らかにした。

「天猫Tmall」は、中国最大のインターネット企業であるアリババグループのインターネットショッピングモール。企業と個人の取引(B2C)を行うプラットフォームを提供し、中国市場で急成長を遂げている。

ルノーは中国市場での市販車シェア拡大を目指しており、今回のスポンサードは単にF1チームの支援にとどまらず大きなものになる可能性がある。今年のF1はシーズン序盤に中国GPが控えているため、「天猫Tmall」では大きなプロモーションが実施される予定だ。

[2018.02.20]    [記事URL]
[関連記事]  ・ルノー関連トピック
 ・スポンサー関連トピック


ボッタス、シミュレータではHALOの影響はない

メルセデスAMGのV・ボッタスは、今シーズンから導入されるドライバー頭部保護デバイス「HALO」の影響について、シミュレータでは特に影響がなかったと報告した。

『シミュレータで、HALOを搭載してレース・シミュレーションをしてみたんだ。その結果としては、レース中は全く気にならなかったと言わざるをえない。いちど慣れてしまったら、HALOはそこにあるだけのものだよ。これはファンにとっても同じなんじゃないかな。最初は“新しい何か”かもしれないし、異質に見えるかもしれない。一部の人には素晴らしいものではないと言うだろう。だけど、誰もがそれに慣れるのは時間の問題だし、HALOは素晴らしいデバイスだよ。』

HALOは今シーズンから全マシンに導入されるが、ドライバーの間では導入に関して意見の相違がある。ただ、大半のドライバーはHALOの装着感について“気にならない”としており、実際にシーズンが始まれば“見慣れた光景”になりそうだ。



最新記事一覧
ザウバーは、2018年用ニューマシン「C37」を公開した。 ザウバーは今シーズンからアルファ・ロメオのスポンサードを…


ザウバーはリリースを発表し、「Richard Mille」および「Carrera」とスポンサー契約を結んだことを明らかにした。 「…


ルノーは、今シーズンからの新スポンサーとして「天猫Tmall」(Alibaba’s Tmall)と契約を結んだことを明らかにした…


メルセデスAMGのV・ボッタスは、今シーズンから導入されるドライバー頭部保護デバイス「HALO」の影響について、シミ…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2018年 2月(105件)
2018年 1月(158件)
2017年 12月(155件)
2017年 11月(176件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
2017年 7月(206件)
2017年 6月(169件)
2017年 5月(168件)
2017年 4月(173件)
2017年 3月(175件)
  ハミルトン
ベッテル
マッサ
リカルド
ペレス
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
グロージャン
ボッタス
ライコネン
ストロール
フェルスタッペン
オコン
ヒュルケンブルグ
サインツJr
ウェーレイン
バンドーン
マグヌッセン
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  • Top
  • F1News トピック一覧
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】