最新F1ニュース

  • Top
  • F1News
  • メルセデスAMG、ニューマシン「W10」を発表
メルセデスAMG、ニューマシン「W10」を発表

メルセデスAMG、ニューマシン「W10」を発表

メルセデスAMGは、2019年用ニューマシン「W10」を正式発表した。

今年、メルセデスAMGは5年連続でダブル・タイトル獲得を目指す重要なシーズン。昨シーズン、タイトル争いではフェラーリやレッドブルに追い上げられるシーンが増えており、油断ができない状況となっている。今シーズンを戦う「W10」では、改めて設計の細部が見直され、ライバル達を突き放すことを目指す。

「W10」のフロント・ノーズは、昨年と同様に細身のスタイルが踏襲された。ノーズ先端からフロント・ウィングの付け根までは細く、わずかなカーブを描きながらコックピットへと立ち上がる形式となった。フロント・ノーズ先端は丸みを帯びたデザイン。昨年、フェラーリやレッドブルはノーズ先端を直線形式にしていたが、メルセデスAMGだけは丸みを帯びたカーブ形状を維持させている。

リア・セクションは、昨年型を発展させて最新のレギュレーションに対応させた。メルセデスAMGは、ここ数年のマシンでリアカウル周辺の処理を「上面はフラット/下方は大きくえぐる」としてきた。しかし、上面のフラットは見直され、他チームと同様にリアにゆくにしたがって落とし込むデザインへと変更された。

W10はイギリスのシルバーストーン・サーキットでシェイクダウン走行をした後、スペインのバルセロナ合同テストに持ち込まれる。昨年、メルセデスAMGは冬のテストで高い信頼性を発揮して開発ペースを上げた実績があり、今回も昨年の再現を目指す。






[2019.02.13]


最新記事一覧
アルファロメオのA・ジョビナツィは、今シーズンにF1フル参戦の夢を実現したが、開幕3戦を終えた段階ではチームメイ…


メルセデスAMGのT・ウォルフ代表は、ハースが採り入れている“フェラーリのBチーム”となる戦略について、次のように…


ウィリアムズのR・クビサは、今シーズンからF1復帰したものの結果を残せていない現状について、次のようにコメント…


ホンダは、5月11日・12日に開催する「Enjoy Honda 2019 アイテムえひめ」で、トロ・ロッソのF1マシンを展示すること…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2019年 4月(130件)
2019年 3月(184件)
2019年 2月(151件)
2019年 1月(155件)
2018年 12月(154件)
2018年 11月(172件)
2018年 10月(208件)
2018年 9月(195件)
2018年 8月(167件)
2018年 7月(217件)
2018年 6月(180件)
2018年 5月(182件)
  ハミルトン
ベッテル
リカルド
ペレス
ストロール
ヒュルケンブルグ
ガスリー
グロージャン
アロンソ
エリクソン
ボッタス
ライコネン
フェルスタッペン
オコン
シロトキン
サインツJr
ハートレー
マグヌッセン
バンドーン
ルクレール
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
Fインディア
ウィリアムズ
ルノー
トロ・ロッソ
ハース
マクラーレン
ザウバー
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】