最新F1ニュース

  • Top
  • F1News
  • ピレリ、2023年は地球8周分の走行距離
ピレリ、2023年は地球8周分の走行距離

ピレリ、2023年は地球8周分の走行距離

ピレリは、2023年シーズンのデータを集計し、シーズンを通したタイヤの総走行距離が「地球8周分」にも達したことを明かした。

ピレリは2023年の年刊統計を公表し、全レース/全セッションのタイヤ走行距離は307,925.8kmに達した。これは地球8周分の距離に相当し、使われたタイヤは6847セットにもおよぶ。年間を通して最も使用されて走行距離を稼いだのはC3コンパウンドで、総走行距離の36.57%を走り抜いた。

今年レースの中で「1セットで最も長い距離」を走行したのは、O・ピアストリがサウジアラビアGPで記録した「302.5km」だった。ピアストリはスタート直後のアクシデントによりピットインし、その際にタイヤ交換を終えてそのまま走りきってレースを完走した。

なお、今回の集計数字は、エミリア・ロマーニャGPが開催中止となったため全22戦でカウントされている。


[2023.12.23]

[関連記事]  ・ピレリ関連トピック

最新記事一覧
FIAは、中国GPの金曜日セッションで生じた「7コーナー付近での芝生の火災」について、原因調査に乗り出すこととを決…


中国GP・スプリント予選でポールポジションを獲得したマクラーレンのL・ノリスは、雨が強くなる難しいコンディショ…


レッドブルのM・フェルスタッペンは、中国GP・スプリント予選を4番手終えて、次のようにコメントした。 『コース上…


中国GP・スプリント予選で6番手につけたレッドブルのS・ペレスは、雨の影響を大きく受けたセッションを次のようにコ…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2024年 4月(127件)
2024年 3月(205件)
2024年 2月(149件)
2024年 1月(155件)
2023年 12月(154件)
2023年 11月(182件)
2023年 10月(191件)
2023年 9月(197件)
2023年 8月(170件)
2023年 7月(205件)
2023年 6月(175件)
2023年 5月(185件)
  ハミルトン
ベッテル
ガスリー
ヒュルケンブルグ
グロージャン
サインツJr
ペレス
ライコネン
クビアト
クビサ
ボッタス
ルクレール
フェルスタッペン
リカルド
マグヌッセン
ノリス
ストール
ジョビナッツィ
アルボン
ラッセル
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
ルノー
ハース
マクラーレン
レーシング・ポイント
アルファロメオ
トロ・ロッソ
ウィリアムズ
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】