最新F1ニュース

  • Top
  • F1News
  • FIA、2023年からロールフープの規定を見直し
FIA、2023年からロールフープの規定を見直し

FIA、2023年からロールフープの規定を見直し

FIAは、2023年からロールフープの規定を見直し、安全性の強化を図ることを決めた。

ロールフープは、ドライバーのヘルメット後部のエアインテーク部分に設けられた構造物。マシンが横転した際にロールフープが支えとなり、ドライバーの安全空間を確保する。

今年のイギリスGPでは、アルファロメオの周冠宇がスタート直後に横転し、そのままグラベルを突っ切ってキャッチフェンスに到達するアクシデントを起こした。今回のアクシデントでは、ロールフープは横転した直後に破壊され、実質的には機能しなかったとされる。ドライバー頭部保護デバイス「HALO」が機能し、奇跡的に助かった。

FIAはロールフープの強度試験を行っているが、これをさらに強めていく。また、ロールフープの形状がチームによって異なるため、衝撃を受け止められる丸形へと規定を改める方針だ。2023年に暫定的に規定を強化し、2024年からもう一段踏み込んで規定を強化していく。

[2022.08.17]

[関連記事]  ・FIA関連トピック

最新記事一覧
クルマ関連雑誌を数多く発売する三栄は、レース雑誌『F1速報』の日本GP号を事前予約した読者を対象にポストカードを…


来シーズンからマクラーレンをドライブするO・ピアストリは、カーナンバーとして「81」を選択したことを明らかにし…


マクラーレンは、シンガポールGPと日本GPで特別カラーリングを採用することを明らかにした。 マクラーレンはアジア地…


アルファロメオはリリースを発表し、周冠宇と2023年のドライバー契約を延長したことを明らかにした。 周冠宇は、今シ…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2022年 9月(168件)
2022年 8月(176件)
2022年 7月(197件)
2022年 6月(168件)
2022年 5月(188件)
2022年 4月(170件)
2022年 3月(179件)
2022年 2月(141件)
2022年 1月(152件)
2021年 12月(199件)
2021年 11月(201件)
2021年 10月(188件)
  ハミルトン
ベッテル
ガスリー
ヒュルケンブルグ
グロージャン
サインツJr
ペレス
ライコネン
クビアト
クビサ
ボッタス
ルクレール
フェルスタッペン
リカルド
マグヌッセン
ノリス
ストール
ジョビナッツィ
アルボン
ラッセル
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
ルノー
ハース
マクラーレン
レーシング・ポイント
アルファロメオ
トロ・ロッソ
ウィリアムズ
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】