最新F1ニュース

  • Top
  • F1News
  • ホンダ、2026年からF1復帰の可能性も!?
ホンダ、2026年からF1復帰の可能性も!?

ホンダ、2026年からF1復帰の可能性も!?

ドイツの大手モータースポーツ専門誌「Auto Motor und Sport」は、ホンダが2026年から再びF1に復帰する可能性があることを報じた。

ホンダは昨シーズン限りでF1から撤退し、パワーユニットの知的財産はレッドブル・パワートレインズに継承させた。しかし、パワーユニット本体の製造組み立ておよびメンテナンスは栃木県のSakuraにあるHRCで継続しており、今年の技術規定の変更に合わせた開発も引き続き行っている。

F1は2026年からパワーユニット規定を大きく変更することを決めている。そのタイミングでポルシェとアウディの参戦が計画されており、ポルシェはレッドブルと組むことが確定的で、早ければオーストリアGPで正式発表が見込まれている。アウディもマクラーレンと組むかアルファロメオの買収を目論んでいる。

F1はパワーユニットの新規定を確定させる作業に時間を要している。6月29に開催されるモータースポーツ世界評議会での最終決定を目指しているが、7月にずれ込む可能性も高い。しかし、最終決定となれば、各チーム/メーカーは2026年に向けた方針を明確化するとみられている。

各チーム/メーカーは、2026年に向けてワークス体制をとることを望んでいる。そのため、アルファタウリはホンダのF1復帰を望んでおり、再びホンダがF1に参戦をする場合はワークス体制を組むことが予想される。また、同誌はさらに踏み込んで「ホンダがアルファタウリを買収してフル・ワークス参戦」の可能性も予想している。

[2022.06.25]

[関連記事]  ・ホンダ関連トピック

最新記事一覧
マクラーレンのD・リカルドは、来年のオーストラリアGPのサポートレースとしてF2/F3が予定されていることに関して、…


アルピーヌのO・スザフナウアー代表は、今月末のベルギーGPから始まる今シーズン後半戦に向けて、次のように展望を…


2022年8月16日、FIAは世界モータースポーツ評議会を開き、2026年から導入予定のパワーユニット規定を最終承認した。 …


FIAは、2023年からロールフープの規定を見直し、安全性の強化を図ることを決めた。 ロールフープは、ドライバーのヘ…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2022年 8月(96件)
2022年 7月(197件)
2022年 6月(168件)
2022年 5月(188件)
2022年 4月(170件)
2022年 3月(179件)
2022年 2月(141件)
2022年 1月(152件)
2021年 12月(199件)
2021年 11月(201件)
2021年 10月(188件)
2021年 9月(214件)
  ハミルトン
ベッテル
ガスリー
ヒュルケンブルグ
グロージャン
サインツJr
ペレス
ライコネン
クビアト
クビサ
ボッタス
ルクレール
フェルスタッペン
リカルド
マグヌッセン
ノリス
ストール
ジョビナッツィ
アルボン
ラッセル
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
ルノー
ハース
マクラーレン
レーシング・ポイント
アルファロメオ
トロ・ロッソ
ウィリアムズ
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】