最新F1ニュース

  • Top
  • F1News
  • 隔週刊『ビッグスケールF1コレクション』、最新号は「フェラーリ F2007」
隔週刊『ビッグスケールF1コレクション』、最新号は「フェラーリ F2007」

隔週刊『ビッグスケールF1コレクション』、最新号は「フェラーリ F2007」

デアゴスティーニ・ジャパンは、隔週刊『ビッグスケールF1コレクション』の最新号を発売した。

『ビッグスケールF1コレクション』は、過去のグランプリマシンやレースを紹介する隔週刊雑誌。雑誌には、1/24スケールのダイキャスト製ミニカーが付属する。付属するモデルはディスプレイ台座付きで、塗装済みの完成モデル。通常のダイキャストミニカーよりも巨大で迫力があり、マシンの細部までチェクできる。

最新の2022年7/5号には、「フェラーリ F2007」(キミ・ライコネン)が付属する。「F2007」は、フェラーリが2007年シーズンに投入したマシン。K・ライコネンとF・マッサがドライブした。

「F2007」は、A・コスタがデザインを担当。ゼロキールを採用し、タイヤに優しいマシンでテクニカルコースで速さを発揮した。F2007はシーズン途中でBスペックに該当するアップデートをかけるなど、シーズンを通して開発が続けられた。フェラーリは前年限りでM・シューマッハが引退したためタイトル争いからの脱落が心配されたが、ライコネンはシーズン終盤までタイトル争いの上位につけ、シーズン終盤戦で一気に逆転を果たしてワールドチャンピオンを獲得した。

[2022.06.11]


最新記事一覧
マクラーレンのD・リカルドは、来年のオーストラリアGPのサポートレースとしてF2/F3が予定されていることに関して、…


アルピーヌのO・スザフナウアー代表は、今月末のベルギーGPから始まる今シーズン後半戦に向けて、次のように展望を…


2022年8月16日、FIAは世界モータースポーツ評議会を開き、2026年から導入予定のパワーユニット規定を最終承認した。 …


FIAは、2023年からロールフープの規定を見直し、安全性の強化を図ることを決めた。 ロールフープは、ドライバーのヘ…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2022年 8月(96件)
2022年 7月(197件)
2022年 6月(168件)
2022年 5月(188件)
2022年 4月(170件)
2022年 3月(179件)
2022年 2月(141件)
2022年 1月(152件)
2021年 12月(199件)
2021年 11月(201件)
2021年 10月(188件)
2021年 9月(214件)
  ハミルトン
ベッテル
ガスリー
ヒュルケンブルグ
グロージャン
サインツJr
ペレス
ライコネン
クビアト
クビサ
ボッタス
ルクレール
フェルスタッペン
リカルド
マグヌッセン
ノリス
ストール
ジョビナッツィ
アルボン
ラッセル
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
ルノー
ハース
マクラーレン
レーシング・ポイント
アルファロメオ
トロ・ロッソ
ウィリアムズ
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】