最新F1ニュース

  • Top
  • F1News
  • アゼルバイジャンGP、ピットエントリーの形状を改善
アゼルバイジャンGP、ピットエントリーの形状を改善

アゼルバイジャンGP、ピットエントリーの形状を改善

アゼルバイジャンGPの主催者は、今年のグランプリ開催に向けてピットエントリーの改善を実施することを案内した。

アゼルバイジャンGPの舞台となるバクー市街地コースは、ハイスピード・サーキット。ホームストレートではドライバー達はアクセル全開で通過し、市街地コースながら300kmを越えるトップスピードをマークする。

ピットエントリー部分はシケイン状になっているため、ピットへ進入するマシンは急減速を強いられる。そのため、ピットへ入るために急減速するマシンと本コースを通過するマシンのスピード差がありすぎ、危険性が指摘されていた。また、ピットエントリーが本コースに対して“壁”状態となるため、コントロールを乱したマシンがクラッシュした際の危険性が指摘されていた。

アゼルバイジャンGPの主催者は、変更の詳細は公開していない。今年6月の開催に無得て工事を終え、正式にお披露目する予定だ。

[2022.05.25]

[関連記事]  ・サーキット関連トピック

最新記事一覧
スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、特番「WEDNESDAY F1 TIME」を公開した。 「WEDNESDAY F1 TIME」は、F1…


F1の下位カテゴリーであるF2は、J・ビップスが今後もレースを継続することに関し、異例の声明を発表した。 ビップス…


FIAは、今週末のイギリスGPでD・サリバンがレース・スチュワードを担当することを明らかにした。 サリバンは1983年…


元ワールドチャンピオンのN・ピケは、L・ハミルトンに対して行った不適切な発言を謝罪した。 ピケはインタビューの…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2022年 6月(168件)
2022年 5月(188件)
2022年 4月(170件)
2022年 3月(179件)
2022年 2月(141件)
2022年 1月(152件)
2021年 12月(199件)
2021年 11月(201件)
2021年 10月(188件)
2021年 9月(214件)
2021年 8月(189件)
2021年 7月(191件)
  ハミルトン
ベッテル
ガスリー
ヒュルケンブルグ
グロージャン
サインツJr
ペレス
ライコネン
クビアト
クビサ
ボッタス
ルクレール
フェルスタッペン
リカルド
マグヌッセン
ノリス
ストール
ジョビナッツィ
アルボン
ラッセル
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
ルノー
ハース
マクラーレン
レーシング・ポイント
アルファロメオ
トロ・ロッソ
ウィリアムズ
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】