最新F1ニュース

  • Top
  • F1News
  • ラッセル、新マシンになりスリップストリームの効果が減っている
ラッセル、新マシンになりスリップストリームの効果が減っている

ラッセル、新マシンになりスリップストリームの効果が減っている

メルセデスAMGのG・ラッセルは、今シーズンからレギュレーションが大変革したことの影響について、次のようにコメントした。

『前走マシンへの追従性は向上している。だけど、スリップストリームの効果がかなり低減しているから、実際のところは分からないよ。ストレートエンドとコーナーでしかオーバーテイクができないから、ストレートでデルタが必要なのは明らかだね。』

『ランドの直ぐ後ろにつけて走って、マシンの1台か2台分の距離があったけど、それでもストレートで捉えられなかったのは少し気になるかな。どうなるか見てみる必要がある。』


マクラーレンのL・ノリスもラッセルと同意見を示しており、ラッセルが接近してきたときの状況について次のように説明している。

『ジョージが速いラップで迫っていたけど、抜かせたくなかったから彼をねじ伏せて少し足止めをしたんだ。テストでは、こういったこともあるものなんだ。まあ、言っていることは正しいね。コーナーでの追従性は向上しているよ。燃料レベルやタイヤが(テストでは)常に異なっているものだから、実際にどの程度なのかは分からない。ボクの前に3台、4台、5台、6台といても、それぞれ違っている。』

『ただ、スリップストリームの効果がどれほどあるのか、そして役立つのかは分からない。もっと前走マシンに近づくことはできるけど、スリップストリームの効果が悪くなるんだ。今のところは、どの効果が大きいかは分からないし、レースが開幕するまで様子を見るしかないね。』

[2022.02.27]


最新記事一覧
クルマ関連雑誌を数多く発売する三栄は、レース雑誌『F1速報』の日本GP号を事前予約した読者を対象にポストカードを…


来シーズンからマクラーレンをドライブするO・ピアストリは、カーナンバーとして「81」を選択したことを明らかにし…


マクラーレンは、シンガポールGPと日本GPで特別カラーリングを採用することを明らかにした。 マクラーレンはアジア地…


アルファロメオはリリースを発表し、周冠宇と2023年のドライバー契約を延長したことを明らかにした。 周冠宇は、今シ…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2022年 9月(168件)
2022年 8月(176件)
2022年 7月(197件)
2022年 6月(168件)
2022年 5月(188件)
2022年 4月(170件)
2022年 3月(179件)
2022年 2月(141件)
2022年 1月(152件)
2021年 12月(199件)
2021年 11月(201件)
2021年 10月(188件)
  ハミルトン
ベッテル
ガスリー
ヒュルケンブルグ
グロージャン
サインツJr
ペレス
ライコネン
クビアト
クビサ
ボッタス
ルクレール
フェルスタッペン
リカルド
マグヌッセン
ノリス
ストール
ジョビナッツィ
アルボン
ラッセル
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
ルノー
ハース
マクラーレン
レーシング・ポイント
アルファロメオ
トロ・ロッソ
ウィリアムズ
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】