最新F1ニュース

  • Top
  • F1News
  • F1、2022年シーズンにむけて「ワクチン接種義務化」を通達
F1、2022年シーズンにむけて「ワクチン接種義務化」を通達

F1、2022年シーズンにむけて「ワクチン接種義務化」を通達

F1は、各チームに対してグランプリの現場においては「ワクチン接種義務化」を改めて通達した。

F1は新型コロナウイルスへの対策として、ピットやパドックへの入場制限を行う「バブル方式」を採用している。グランプリ週末は新型コロナウイルスの検査を義務づけており、ほぼ大半の関係者がワクチンを接種済みだ。

F1は2022年に全23戦を予定している。F1は世界各国でレースを繰り広げるが、どの国でも入国にワクチン接種が求められるため、今年はさらに踏み込んで「グランプリのイベントに赴くスタッフ全員にワクチン接種のを義務づける」旨の通達を行った。

昨年、セーフティ・カーの担当ドライバーがワクチン接種を拒否しており、シーズン終盤戦に仕事を失うことになった。ワクチン接種の義務化はドライバーやチームメンバーだけではなく、全ての関係者に適応される見込みだ。

なお、オーストラリアで今月開催の全豪オープンテニスでは、トッププレイヤーのN・ジョコビッチがワクチン未接種のため参加ができない事態となった。F1はこのような事態になることを警戒している。

[2022.01.24]

[関連記事]  ・全般トピック関連トピック

最新記事一覧
スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、特番「WEDNESDAY F1 TIME」を公開した。 「WEDNESDAY F1 TIME」は、F1…


元ワールドチャンピオンのK・ライコネンが、アメリカのNASCARにスポット参戦することが決定した。 ライコネンは昨シ…


本日から、モナコ公国では3日間にわたるモナコGPが幕開けするが、今週末の現地天気は不安定となりそうだ。 今週末の…


フェラーリのC・ルクレールとC・サインツJrが、映画の声優デビューを飾ることが決まった。 ルクレールとサインツJr…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2022年 5月(153件)
2022年 4月(170件)
2022年 3月(179件)
2022年 2月(141件)
2022年 1月(152件)
2021年 12月(199件)
2021年 11月(201件)
2021年 10月(188件)
2021年 9月(214件)
2021年 8月(189件)
2021年 7月(191件)
2021年 6月(191件)
  ハミルトン
ベッテル
ガスリー
ヒュルケンブルグ
グロージャン
サインツJr
ペレス
ライコネン
クビアト
クビサ
ボッタス
ルクレール
フェルスタッペン
リカルド
マグヌッセン
ノリス
ストール
ジョビナッツィ
アルボン
ラッセル
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
ルノー
ハース
マクラーレン
レーシング・ポイント
アルファロメオ
トロ・ロッソ
ウィリアムズ
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】