最新F1ニュース

  • Top
  • F1News
  • ウォルフ代表、エンジン開発凍結/ホンダ継続を支持へ
ウォルフ代表、エンジン開発凍結/ホンダ継続を支持へ

ウォルフ代表、エンジン開発凍結/ホンダ継続を支持へ

メルセデスAMGのT・ウォルフ代表は、レッドブル/アルファタウリが今後のF1残留にむけた条件として出している“2022年以降のエンジン開発凍結”について、支持する方針を示した。

『我々は(F1で切磋琢磨して)自分たちのパフォーマンスを発展させたいと思っているし、我々はレッドブルとホンダを可能な限りサポートする。たとえそれが我々のDNAでないにしてもだ。』

『技術的な観点では、レッドブルは(ホンダのエンジン資産を引き継ぐ)だけの必要なものを持っている。だから、我々はこのスポーツの最善の利益のために行動し、絶対にホンダ・エンジンをこのスポーツにとどめておきたいんだ。フェラーリが反対しても(多数決で決まるため)、それはうまくゆくはずだ。』

ホンダは2021年シーズン限りでF1からの撤退を表明した。レッドブルは、“2022年以降はエンジン開発凍結”されるのであれば、ホンダの資産を引き継ぐことを目指している。凍結されない場合は、レッドブルとアルファタウリはF1撤退を示唆している。

なお、ホンダ関係者はエンジン資産についてレッドブルと前向きに話し合うことを示唆している。しかし、これまでに莫大な資金を投資し、先進技術の塊である知財を簡単に手放すことには制約がある。エンジン開発が凍結されたとしても、メンテナンスや一定の開発でホンダの関与も必要になってくる。

[2020.10.27]


最新記事一覧
ルノーのエグゼクティブ・ディレクターを務めるM・バドコウスキーは、今シーズンのコンストラクターズ争いについて…


オランダのメディアは、レッドブルのM・フェルスタッペンがプライベート・ジェットを購入したと報じている。 フェル…


講談社のクルマ総合誌『ベストカー』は、秘蔵アイテムのプレゼント企画を実施し、山本尚貴が2019年日本GPで着用した…


元F1ドライバーのR・バリチェロは、L・ハミルトンがミハエル・シューマッハと並ぶ7度のワールドチャンピオンに輝い…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2020年 11月(138件)
2020年 10月(191件)
2020年 9月(192件)
2020年 8月(218件)
2020年 7月(199件)
2020年 6月(148件)
2020年 5月(159件)
2020年 4月(151件)
2020年 3月(157件)
2020年 2月(156件)
2020年 1月(157件)
2019年 12月(165件)
  ハミルトン
ベッテル
ガスリー
ヒュルケンブルグ
グロージャン
サインツJr
ペレス
ライコネン
クビアト
クビサ
ボッタス
ルクレール
フェルスタッペン
リカルド
マグヌッセン
ノリス
ストール
ジョビナッツィ
アルボン
ラッセル
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
ルノー
ハース
マクラーレン
レーシング・ポイント
アルファロメオ
トロ・ロッソ
ウィリアムズ
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】