最新F1ニュース

  • Top
  • F1News
  • ピレリ、イギリスGPでのタイヤ・トラブルを調査へ
ピレリ、イギリスGPでのタイヤ・トラブルを調査へ

ピレリ、イギリスGPでのタイヤ・トラブルを調査へ

ピレリは、先週末のイギリスGP・決勝で発生したタイヤ・トラブルの調査を行うことを決めた。

イギリスGP・決勝レース終盤、ラスト数周の時点でV・ボッタス/C・サインツJr/L・ハミルトンが相次いで左フロント・タイヤのパンクチャーに見舞われた。イギリスGPの舞台であるシルバーストーン・サーキットはタイヤに厳しいコースだが、レース終盤にこれほど連続してタイヤ・トラブルが生じるのは異例の事態だ。

ピレリは、連続してタイヤ・トラブルが発生する直前にK・ライコネンがコースアウトし、フロント・ウィングの部品を飛散させたことに注目している。ライコネンのフロント・ウィングのパーツは広範にわたって飛び散ったため、後続のマシンがこれを拾ってタイヤにダメージを受けたと推測している。

次戦70周年記念GPでは、ピレリはイギリスGPとは異なり柔らかめのタイヤセットを持ち込む。柔らかめのタイヤはパンクチャーを誘発しやすいため、ピレリは原因究明を急ぐ。

[2020.08.04]

[関連記事]  ・ピレリ関連トピック

最新記事一覧
レッドブルのM・フェルスタッペンは、ロシアGP・フリー走行初日に7番手につけ、金曜日の走りを次のように振り返った…


ロシアGP・金曜フリー走行は12番手に終わったレッドブルのA・アルボンは、明日に向けた課題について次のようにコメ…


アルファタウリのD・クビアトは、母国レースのロシアGP・初日に13番手につけ、次のようにコメントした。 『今日はい…


アルファタウリのP・ガスリーは、ロシアGP・金曜フリー走行で11番手タイムをマークし、次のようにコメントした。 『…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2020年 9月(159件)
2020年 8月(218件)
2020年 7月(199件)
2020年 6月(148件)
2020年 5月(159件)
2020年 4月(151件)
2020年 3月(157件)
2020年 2月(156件)
2020年 1月(157件)
2019年 12月(165件)
2019年 11月(169件)
2019年 10月(187件)
  ハミルトン
ベッテル
ガスリー
ヒュルケンブルグ
グロージャン
サインツJr
ペレス
ライコネン
クビアト
クビサ
ボッタス
ルクレール
フェルスタッペン
リカルド
マグヌッセン
ノリス
ストール
ジョビナッツィ
アルボン
ラッセル
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
ルノー
ハース
マクラーレン
レーシング・ポイント
アルファロメオ
トロ・ロッソ
ウィリアムズ
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】