最新F1ニュース

  • Top
  • F1News
  • F1、2020年も現行スペックのタイヤを継続
F1、2020年も現行スペックのタイヤを継続

F1、2020年も現行スペックのタイヤを継続

F1とピレリは、来シーズンも現行スペックのタイヤを継続することを決定した。

ピレリは、2020年シーズンに向けて新仕様のタイヤコンパウンドを開発してきた。新コンパウンドはアメリカGPのフリー走行で初めて各チームが試し、シーズン終了後のアブダビ合同テストでも試されていた。

ピレリはシーズン中に複数回のテストを実施してきたが、ドライバー達からは新タイヤの性能には不満が示されていた。熱を入れづらく、ピーク性能もこれまでとは大きく異なっていたため、ラップあたり1秒近く遅くなるサーキットもあった。

ピレリはF1に参戦する全チームと新タイヤ導入の賛同を得られず、最終的には今年のスペックを継続せざるを得なくなった。

[2019.12.11]


最新記事一覧
イギリスGP・決勝、アルファタウリのD・クビアトはクラッシュでレースをリタイアしたが、コースアウトした原因はタ…


ピレリは、先週末のイギリスGP・決勝で発生したタイヤ・トラブルの調査を行うことを決めた。 イギリスGP・決勝レース…


三重県・鈴鹿サーキットは、アルファタウリとコラボレーションしたオリジナルTシャツの販売を開始した。 鈴鹿サーキ…


三重県鈴鹿市の周辺諸団体で組織する鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、「F1フォトグラファー熱田護 写真展」…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2020年 8月(34件)
2020年 7月(199件)
2020年 6月(148件)
2020年 5月(159件)
2020年 4月(151件)
2020年 3月(157件)
2020年 2月(156件)
2020年 1月(157件)
2019年 12月(165件)
2019年 11月(169件)
2019年 10月(187件)
2019年 9月(217件)
  ハミルトン
ベッテル
ガスリー
ヒュルケンブルグ
グロージャン
サインツJr
ペレス
ライコネン
クビアト
クビサ
ボッタス
ルクレール
フェルスタッペン
リカルド
マグヌッセン
ノリス
ストール
ジョビナッツィ
アルボン
ラッセル
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
ルノー
ハース
マクラーレン
レーシング・ポイント
アルファロメオ
トロ・ロッソ
ウィリアムズ
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】