最新F1ニュース

  • Top
  • F1News
  • ライコネン&ジョビナツィ、レギュレーション違反で降格
ライコネン&ジョビナツィ、レギュレーション違反で降格

ライコネン&ジョビナツィ、レギュレーション違反で降格

ドイツGPのレース・スチュワードは、アルファロメオのK・ライコネンとA・ジョビナツィのマシンにレギュレーション違反があったとして、ペナルティを科すことを決めた。

ライコネンとジョビナツィのマシンには、決勝スタート時のクラッチ作動に違反があったと判断された。現在のレギュレーションでは、ドライバーがクラッチ動作をしてから実際に作動するまでは0.07秒の遅延しか認められていない。しかし、アルファロメオの2台は0.2秒から0.3秒の遅延が生じるように設定されていた。

クラッチ動作に遅延が生じることで、今回のようなウェット状態のスタートではトラクション・コントロールと同様の働きをすると考えられている。実際にどれほどのメリットが生じたのかは不明だが、スチュワードは規定違反として厳しく裁定した。

ライコネンとジョビナツィは7位/8位でチェッカーを受けたが、10秒のストップ&ゴーペナルティが科される。しかし、裁定がレース後であったため、決勝タイムに30秒加算される。このペナルティによって二人は12位/13位まで降格。代わってL・ハミルトンが9位に繰り上がり、10位にはR・クビサが入る。クビサにとって今シーズン初入賞となった。

[2019.07.29]


最新記事一覧
鈴鹿サーキットは、日本GP開催時の舞台となる国際レーシングコースの一部を再舗装したことを明らかにした。 鈴鹿サー…


24日、フジテレビNEXTは『F1 GPニュース 特別編』を放送し、番組冒頭でF1解説者の今宮純氏への追悼メッセージを流し…


メルセデスAMGのV・ボッタスは、チームメイトのL・ハミルトンとの関係性を次のように表現した。 『ボクらの間に緊…


アルファロメオは、今シーズンを戦うニューマシン「C39」を2月19日に実施することを決めた。 アルファロメオは大きな…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2020年 1月(125件)
2019年 12月(165件)
2019年 11月(169件)
2019年 10月(187件)
2019年 9月(217件)
2019年 8月(182件)
2019年 7月(199件)
2019年 6月(198件)
2019年 5月(196件)
2019年 4月(191件)
2019年 3月(184件)
2019年 2月(151件)
  ハミルトン
ベッテル
ガスリー
ヒュルケンブルグ
グロージャン
サインツJr
ペレス
ライコネン
クビアト
クビサ
ボッタス
ルクレール
フェルスタッペン
リカルド
マグヌッセン
ノリス
ストール
ジョビナッツィ
アルボン
ラッセル
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
ルノー
ハース
マクラーレン
レーシング・ポイント
アルファロメオ
トロ・ロッソ
ウィリアムズ
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】