最新F1ニュース

  • Top
  • F1News
  • ホンダ、直前のエンジンマッピング変更不可に不満
ホンダ、直前のエンジンマッピング変更不可に不満

ホンダ、直前のエンジンマッピング変更不可に不満

ホンダのF1テクニカル・ディレクターを務める田辺豊治氏はは、日本GP・決勝レースのスタート直前になって、FIAがエンジンマッピングの変更不可を通達したことに関して不満を示した。

『驚かされましたよ。我々はFIAに対してパルクフェルメでの(エンジンマッピングの)変更を提出していました。FIAはそれを承認していましたし、だからこそ(変更の)文章を発行したのです。なぜ彼らが(スターティンググリッドに着いた段階で)決定を変更したのか、誰によって行われたのか突き止める必要があります。FIAの決定を尊重する必要があり、我々は新しいエンジンマッピングを使用しませんでした。』

ホンダは、土曜日の段階でP・ガスリーのパワーユニットのイグニッションに不調があり、“信頼性確保のため”にエンジンマッピングの変更をFIAに提出。FIAはこの変更を認めたが、マシンがスターティンググリッドにつき、スタートまで20分となった段階で撤回した。ホンダはやむなくエンジンマッピングを古いものに戻しレースを戦ったが、十分な結果を残せなかった。

FIAは理由を詳しく説明をしていないが、スタート前のレコノサンスンラップの走りを解析し、エンジンマッピングの変更が“信頼性確保のため”ではなく、“パフォーマンス向上のため”と判断して取り止めた。これにはあるチームの通告があったと噂され、ルノーだと憶測されている。

なお、トロ・ロッソとホンダは、ピットスタートに変更することで最新のエンジンマッピングを使用することは出来た。しかし、その手段は選択しなかった。

[2018.10.12]


最新記事一覧
ザウバーはリリースを発表し、スイスに本社を置くInterroll社とパートナーシップ契約を延長したことを明らかにした。…


元F1ドライバーのG・ベルガーは、甥っ子のL・アウアーが来年は日本のスーパーフォーミュラに挑戦することについて…


レッドブルのC・ホーナー代表は、来シーズンから新たに日本のホンダ・エンジンを搭載することについて、強い自信を…


三重県にある鈴鹿サーキットは、2019年正月向けの「福袋」の販売を開始した。 毎年、鈴鹿サーキットでは新春向けの福…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2018年 12月(58件)
2018年 11月(172件)
2018年 10月(208件)
2018年 9月(195件)
2018年 8月(167件)
2018年 7月(217件)
2018年 6月(180件)
2018年 5月(182件)
2018年 4月(203件)
2018年 3月(177件)
2018年 2月(145件)
2018年 1月(158件)
  ハミルトン
ベッテル
リカルド
ペレス
ストロール
ヒュルケンブルグ
ガスリー
グロージャン
アロンソ
エリクソン
ボッタス
ライコネン
フェルスタッペン
オコン
シロトキン
サインツJr
ハートレー
マグヌッセン
バンドーン
ルクレール
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
Fインディア
ウィリアムズ
ルノー
トロ・ロッソ
ハース
マクラーレン
ザウバー
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】