最新F1ニュース

ピレリ、2018年は1.5秒のラップタイム向上

ピレリのタイヤ責任者を努めるM・イソラは、2018年はサーキットによっては1.5秒のタイムアップが見込めることを明らかにした。

『(昨年末の)アブダビ合同テストでは、ハイパーソフトは究極のコンパウンドであるウルトラソフトよりも1秒速かった。まあ、ウルトラソフトは市街地コースや低グリップ用コースのために開発されたから、予選用タイヤとは呼びたくはないかな。ラップタイムの観点では、マシンの発展を考慮するとおそらく平均して1ラップにつき1秒の向上があるだろう。私の個人的な予想では、(2017年に比べて)より柔らかいコンパウンドを使用するシーズン序盤戦では、1ラップにつき1.5秒は速くなるだろう。これは大変大きなステップだ。』

ピレリは2018年に“より柔らかいコンパウンド”を投入することを公言している。昨年に複数回実施されたタイヤ・テストではラップタイムの向上が見られているため、1秒のラップタイム向上は確実そうだ。

[2018.01.14]

[関連記事]  ・ピレリ関連トピック


最新記事一覧
トロ・ロッソのP・ガスリーは、今週金曜日に開幕するアゼルバイジャンGPについて、市街地コース攻略に自信をみせた…


トロ・ロッソのB・ハートレーは、初挑戦となるアゼルバイジャンGPについて、楽しみにしていることを明らかにした。 …


マクラーレンのF・アロンソは、今週末のアゼルバイジャンGPでは大きなアップデートを期待できないとの観測を示した…


元ワールドチャンピオンのN・ロズベルグが、若手育成プログラム「ロズベルグ・ヤングドライバー・アカデミー」を設…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2018年 4月(160件)
2018年 3月(177件)
2018年 2月(145件)
2018年 1月(158件)
2017年 12月(155件)
2017年 11月(176件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
2017年 7月(206件)
2017年 6月(169件)
2017年 5月(168件)
  ハミルトン
ベッテル
リカルド
ペレス
ストロール
ヒュルケンブルグ
ガスリー
グロージャン
アロンソ
エリクソン
ボッタス
ライコネン
フェルスタッペン
オコン
シロトキン
サインツJr
ハートレー
マグヌッセン
バンドーン
ルクレール
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
Fインディア
ウィリアムズ
ルノー
トロ・ロッソ
ハース
マクラーレン
ザウバー
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】