最新F1ニュース

ホンダ、ここ数レースで競争力が向上している

ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介氏は、イギリスGPで結果を残すことができず次のようにコメントした。

『ここまでいいかたちで週末を過ごせてきただけに、あと少しのところでポイント獲得に至らず、悔しい結果となりました。

ストフェルはいい位置からスタートし、粘り強く中団での戦いを続けました。レースを通して全力でプッシュを続けてくれたと思いますが、惜しくも11位に終わりました。
フェルナンドは最後尾のスタートから大きく順位をあげ、ポイント圏内に迫っていましたが、燃料システム系のトラブルによりリタイアせざるを得ませんでした。原因については現在調査中です。

結果は残念なものになりましたが、ここ数レースでは競争力が向上していますし、今日もポイントを獲得できるだけのペースはあったと思っているので、悔しいレースの中にもいくつかのポジティブな要素はあったと思います。我々のマシンと相性がいいハンガリーでは、良いレースができると思います。ポイントを獲得できるよう、チーム一丸となって準備を進めます。』

[2017.07.17]



最新記事一覧
伝説のドライバーとして未だに人気の高いA・セナがモナコGPで最後に勝利したマシンが、オークションに出品されるこ…


マクラーレンはリリースを発表し、メディア大手のCNBCとスポンサー契約を結んだことを明らかにした。 CNBCはビジネス…


現在、イギリスのシルバーストーン・サーキットは、モータースポーツ・シーズンの幕開けに向けて路面の再舗装が進め…


鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは、今年秋の日本GP観戦チケットを5月13日より発売開始することを決めた。…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2018年 1月(118件)
2017年 12月(155件)
2017年 11月(176件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
2017年 7月(206件)
2017年 6月(169件)
2017年 5月(168件)
2017年 4月(173件)
2017年 3月(175件)
2017年 2月(149件)
  ハミルトン
ベッテル
マッサ
リカルド
ペレス
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
グロージャン
ボッタス
ライコネン
ストロール
フェルスタッペン
オコン
ヒュルケンブルグ
サインツJr
ウェーレイン
バンドーン
マグヌッセン
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】