最新F1ニュース

シュタイナー代表、年間25レースでも対応は可能

ハースのG・シュタイナー代表は、F1新経営陣が将来的な年間開催を「25戦」に拡大させることを検討していることについて、対応可能であるとの認識を示した。

『私としては、もう2つか3つのレースが増えることに反対ではないよ。私が願うとすれば、レースが纏まって開催されるということかな。我々が1つの地域に滞在して、行ったり来たりをしないようにすることだ。ある週にアジアに行って1週間後には再び戻ってきて、またさら次の日に戻ってゆくようなことがないようにネ。』

ここ数年、F1は年間開催数が20戦を上回るようになり、各チームの負担が増えている。新経営陣はレース・スケジュールの調整をはかることを決めており、他レースとのバッティングにも配慮する方針を示している。

[2017.06.19]

[関連記事]  ・ハース関連トピック


最新記事一覧
FIAは、モナコGPでのDRSゾーンを1箇所のみとすることを決めた。 モナコGPはモンテカルロの市街地を使ったコースのた…


FIAは、今週末のモナコGPでD・サリバンがレース・スチュワードを担当することを明らかにした。   サリバンは19…


メルセデスの非常勤役員を務めるN・ラウダは、今後のレギュレーション改訂の行方しだいではメルセデスAMGがF1撤退も…


ルノーのC・サインツJrは、ピレリがモナコGPから投入する「ハイパーソフト」について、驚異的な性能を発揮するとの…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2018年 5月(131件)
2018年 4月(203件)
2018年 3月(177件)
2018年 2月(145件)
2018年 1月(158件)
2017年 12月(155件)
2017年 11月(176件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
2017年 7月(206件)
2017年 6月(169件)
  ハミルトン
ベッテル
リカルド
ペレス
ストロール
ヒュルケンブルグ
ガスリー
グロージャン
アロンソ
エリクソン
ボッタス
ライコネン
フェルスタッペン
オコン
シロトキン
サインツJr
ハートレー
マグヌッセン
バンドーン
ルクレール
  メルセデスAMG
フェラーリ
レッドブル
Fインディア
ウィリアムズ
ルノー
トロ・ロッソ
ハース
マクラーレン
ザウバー
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】