最新F1ニュース

シュタイナー代表、年間25レースでも対応は可能

ハースのG・シュタイナー代表は、F1新経営陣が将来的な年間開催を「25戦」に拡大させることを検討していることについて、対応可能であるとの認識を示した。

『私としては、もう2つか3つのレースが増えることに反対ではないよ。私が願うとすれば、レースが纏まって開催されるということかな。我々が1つの地域に滞在して、行ったり来たりをしないようにすることだ。ある週にアジアに行って1週間後には再び戻ってきて、またさら次の日に戻ってゆくようなことがないようにネ。』

ここ数年、F1は年間開催数が20戦を上回るようになり、各チームの負担が増えている。新経営陣はレース・スケジュールの調整をはかることを決めており、他レースとのバッティングにも配慮する方針を示している。

[2017.06.19]

[関連記事]  ・ハース関連トピック


最新記事一覧
ハースのチームマネージャーを務めるG・シュタイナーは、現在のF1が2021年にむけて大きな改革を目指しているため、…


2017年のワールドチャンピオンを獲得したメルセデスAMGのL・ハミルトンは、来シーズンは今年以上に準備をして挑むこ…


メルセデスAMGのL・ハミルトンは、ドイツのヴュルテンベルク州にあるメルセデスの生産工場を表敬訪問し、スタッフら…


クルマ関連雑誌を数多く発売する三栄書房は、レース雑誌『F1速報』最新号の発売を開始した。 最新の「2017総集編号」…


月間記事   ドライバー   チーム/その他
2017年 12月(75件)
2017年 11月(176件)
2017年 10月(218件)
2017年 9月(186件)
2017年 8月(170件)
2017年 7月(206件)
2017年 6月(169件)
2017年 5月(168件)
2017年 4月(173件)
2017年 3月(175件)
2017年 2月(149件)
2017年 1月(158件)
  ハミルトン
ベッテル
マッサ
リカルド
ペレス
パーマー
クビアト
エリクソン
アロンソ
グロージャン
ボッタス
ライコネン
ストロール
フェルスタッペン
オコン
ヒュルケンブルグ
サインツJr
ウェーレイン
バンドーン
マグヌッセン
  メルセデスAMG
フェラーリ
ウィリアムズ
レッドブル
Fインディア
ルノー
トロ・ロッソ
ザウバー
マクラーレン
ハース
全般
レース関連
日本GP
FIA
ピレリ
テスト
サーキット
イベント
フジテレビ
ホンダ
  【F1ニュース/最新トピック】   【F1雑誌/F1関連書籍/DVD 最新刊】  
    『F1語辞典』(著:小倉 茂徳)   『F1速報』(2017年日本GP号)